百花繚乱の格安SIM! 魅力的なプランが続々登場
 多い人では月に1万円以上にもなるスマホの維持費。これを2000〜3000円程度に抑えられるということで、格安SIMの人気は急上昇中だ。ニーズの増加とともにプランも多種多様になっており、今年に入ってからも格安SIMに関するニュースは飛び交っている。

 そこで今回はそれらニュースの中から、今年3月にサービスが始まったばかりのユニークな格安SIMを3つ紹介する。

◆通信し放題の「ワイヤレスゲートSIM Fonプレミアム Wi-Fi」

「ワイヤレスゲートSIM Fonプレミアム Wi-Fi」は月額1680円(データ通信プラン)でLTE/3G通信が使い放題というヨドバシカメラオリジナルの格安SIM。通信速度は最大3Mbpsと制限されてしまうものの、LTE通信が使い放題のSIMとしては最安級。これまでも月480円で通信速度250kbpsの「ワイヤレスゲート WiFi+LTE」というサービスを提供していたが、これを大幅に高速化して使い勝手を良くしたのがこのSIMだ。

 さらに本SIMを契約すると世界1900万カ所のアクセスポイントをもつ「FON」も利用可能となる。LTE通信が3Mbpsとはいえ、街中では高速なWi-Fi接続が利用できるのは大きなメリットである。

 ちなみに、本SIMにはSMSや音声通話機能もプラスできる。ただし、SMS付きは1880円、音声通話付きは2980円と月額料金が跳ね上がってしまう。とくに音声通話を考えているなら他の格安SIMの方が安くなることもあるので注意したい。また、使い放題とはいえ動画再生やファイル交換ソフトなどの利用で通信量が膨れあがってしまうと、速度や利用を制限されてしまう点にも注意が必要だ。

◆ANAのマイルがたまる「MILEAGE SIM」

 月額0円の「0SIM」やプリペイド式の「Prepaid LTE SIM」などユニークなプランが豊富なソネット。そんなソネットが新たに提供始めたのが、ANAマイレージクラブと提携する「MILEAGE SIM」だ。これは毎月の利用でANAのマイルが20マイルたまり、さらに余った通信量300MBごとに10マイルたまるというもの。データ専用プランの場合、月額1100円で3.5GB、2100円で7GBの2プランが選べる。仮に3.5GBのプランを契約し、まったく利用しなかった場合は月130マイル獲得できる計算だ。

 とりたてて安い格安SIMではないが、3GBまでのプランが多い中、3.5GBとやや通信量が多めに設定されているのはポイント。また、マイル還元もあるため、あまり利用がなかった月はわずかながらコストを抑えられる。

 ただし、最近はFREETELの「使った分だけ安心プラン」のように従量課金制のプランも増えている。あまり利用しない月が多いなら、そちらを契約した方がお得になるだろう。

◆海外旅行の強い味方「楽天モバイル 海外SIM」

 格安SIMの多くは海外でデータ通信できないという弱点がある。一方、ドコモなどのキャリアのSIMは海外でも利用できるが、通信料が高額になってしまう。そこで登場したのが、「楽天モバイル 海外SIM」。その名の通り、海外利用専用のSIMで海外での通信費を大幅に節約できる。

 プランは購入した容量分だけ通信できる「地域別パック」と従量課金制の「クレジット」の2つが用意されている。クレジットプランの対応国は190カ国以上で、渡航先によって料金は大きく異なる。ヨーロッパやアメリカなら全体的に通信料は安めだが、アフリカや中東などでは非常に高額になるため注意したい。ただし、クレジットプランは現在準備中。執筆時点では地域別パックしか申し込めない状況だ。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=88981

 海外SIMの利用はSIMのアクティベート後、利用中のSIMカードと差し替えてAPN設定を書き換えるだけでOK。将来的にはアクティベーションや初期設定などを簡略化するアプリも提供される予定だ。このアプリとクレジットプランが揃えば、海外旅行の強い味方となってくれるのは間違いないだろう。

 以上が今年3月に登場した格安SIMだ。今夏にはLINEも格安SIMに参入予定で、格安SIMを取り巻く環境はこれからも大きく変化しそう。低価格化はもちろんのこと、MILEAGE SIMのようなユニークなSIMもたくさん登場するだろう。この先、どのようなSIMが登場するのか楽しみだ。<文・画像/中谷 仁>

【中谷 仁】
パソコンやスマートフォン、タブレットなどデジタル系雑誌・ムック本などを制作する編集プロダクション「株式会社ノーリ」の代表取締役。自ら編集・執筆をしており、年に数十冊の本の制作に携わっている。「Windows100%」や「iP!」、「Mr.PC」、「家電批評」、「ラジオライフ」など雑誌を中心に活躍中。