4月2日、3日に行なわれる全日本選抜柔道体重別選手権2016。リオ五輪出場の選考となる大切な試合の今大会について、オリンピック3大会連続で金メダルを獲得し、現在はキャスターやコメンテーターなど幅広く活躍している野村忠宏氏に、注目の階級や見どころについて語ってもらった。

 今大会混戦が予想されるのは、66kg級と73kg級だと思います。66kg級では、2度目の五輪出場を目指している海老沼匡(パーク24)と高上智史(旭化成)の拮抗した戦いが気になるところです。というのも、海老沼は、昨年12月のグランドスラム・東京(以下東京)で高上に敗れるまでは、絶対的な強さを誇っていましたが、負けたことで陰りが出ました。しかし、今年の2月のグランドスラム・パリ(以下パリ)では、世界選手権3回優勝、12年ロンドン五輪銅メダリストの意地を見せて、再び強さを取り戻したように感じます。

 選考争いの土俵に立っている選手は、常に成績を出すことが重要です。73kg級では、今年の2月のグランプリ・デュッセルドルフで大野将平(旭化成)の勝ちは大きかったと思います。13年と15年の世界選手権で優勝している彼にとって、昨年12月のグランドスラム・東京の欠場はひとつの賭けでした。

 その東京で11年と14年世界王者の中矢力(ALSOK)が勝っていれば、少し抜け出す形になりましたが、ベテランの秋本啓之(了徳寺学園職)が優勝したことで、秋本も土俵に上がってくる状況になりました。

 2月のパリで、秋本は3位、中矢は5位という結果に終わり、その直後に行なわれたデュッセルドルフで大野が勝ったことで、リードを広げたと思います。

 3人はともに世界王者であり、それぞれの強さがありますが、僕はその中でも大野の強さに魅了されているんですよね。彼が僕の母校でもある、天理大に進学する前の高校3年のときに一緒に練習をしたことがあるんですが、持っている技のスピードや、瞬間のキレには驚きました。彼と組んだことのある選手は、みんな彼の技に恐怖を感じていると思うし、世界中が注目していると思うので、選抜体重別選手権での勝ち方にも興味があります。

 自分の階級である60kg級も気になるところ。高藤直寿(パーク24)が2月のデュッセルドルフをケガで欠場しましたが、それはいい判断だったと思っています。彼の場合、昨年の世界選手権には出場していないものの、5月のワールドマスターズの優勝に始まり、10月のパリ、12月の東京でも優勝を果たしています。優勝候補筆頭と言ってもいいでしょう。

 2月のパリでは昨年の世界選手権3位の志々目徹(了徳寺学園職)が優勝したことで、状況はすごく面白くなってきました。彼の場合は、日本人に対して苦手意識を持っているようでしたが、志々目選手自身「泥臭くてもいいし、指導のポイント差でもいいから勝ちにこだわっていく」と話していたので、そういう柔道を見せてもらいたいと思っています。

 100kg超級はともに国際大会で結果を出している原沢久喜(日本中央競馬会)と七戸龍(九州電力)の争いが面白くなっています。この階級は今回の選抜体重別だけではなく、4月29日の全日本選手権を経て代表が決定します。

 これまでの国際大会の実績では一歩リードしていた七戸に、原沢が東京の直接対決で制し、さらに2月のパリでも優勝し、2人が現時点ではほかの選手より上にいる状況です。ロンドン五輪代表の上川大樹(京葉ガス)にも意地を見せてほしいところですが、ふたりの直接対決は大きな見どころでしょう。

 その他の選手で気になるのは、現時点でリオ出場は難しくなっている66kg級の阿部一二三(日体大)です。彼は2020年の東京五輪につなげるために、どういったスタートを切るか注目しています。本人も「阿部を出したかったな」と周りに言われるくらいの試合をしたいと話していましたし、若い選手は勝っていくことがすべて評価につながるので、今からそれを大事にして欲しいと思っています。

 一方女子で最大の注目は、浅見八瑠奈(コマツ)と近藤亜美(三井住友海上)が激しい代表争いを繰り広げている48kg級になります。浅見は初出場だった10年世界選手権で優勝して以降、11年も連覇を果たし、"最有力候補"としてロンドン五輪代表選考会の12年選抜体重別に臨みました。ところが、初戦敗退で福見友子に代表を譲ってしまい、悔しさを味わっています。13年世界選手権で3連覇を逃してから休養に入り、その間に近藤が13年の東京で優勝し、14年世界選手権でも優勝と一気に頭角を現してきました。

 浅見の復帰後は、14年、15年の東京で近藤が浅見との直接を制して優勝し、浅見は2位。15年世界選手権では、浅見が2位で近藤は3位と激しい競り合いを演じ、今年2月のパリでは近藤が2回戦で敗退、浅見も5位と決定的な差をつけられていない状況になっています。どちらも五輪代表になれば金メダル獲得の可能性が高いだけに、体重別でどういう結着をつけるのか興味深いです。

 他の階級は混戦とまではいえない状況ですが、その中でも注目は52kg級の中村美里(三井住友海上)と57kg級・松本薫(ベネシード)の戦いです。中村は08年北京五輪で3位になりましたが、12年ロンドン五輪は初戦敗退という結果で終わっています。その後、痛めていた前十字靱帯の再建手術をして長期休養に入り、13年11月に復帰すると、15年世界選手権では4年ぶり3回目の優勝を果たし、東京でも優勝と再び金メダル有力候補として浮上してきました。

 松本もロンドン五輪優勝後に右腕を手術し、昨年の世界選手権では優勝し、復活を遂げています。集中した時の強さや厳しい組み手で五輪連覇を狙える力が十分にあるだけに、中村とともに圧倒的な勝利を見せてほしいです。

 リオ五輪の舞台を想像すると女子の場合は、全階級でメダルを狙える力は持っていると思っています。その中でも特に、48kg級と52kg級、57kg級は金メダル獲得の可能性が高いだけに期待が膨らみます。

 男女ともに、最終選考会は一発選考ではないながらも、最後はみんなきっちりと勝って代表権を獲得してほしいです。結果を出さなくてはいけない時に結果を出す選手が強いわけですから、それを果たしてリオ五輪の畳の上に立つのがベストだと僕は思っています。

折山淑美●構成 text by Oriyama Toshimi