写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトブレーンは4月1日、Sansanが公開しているWeb APIを活用し、主力製品である営業支援システム(CRM/SFA)「eセールスマネージャーRemix Cloud」と法人向け名刺管理サービス「Sansan」との連携を完了し、提供を開始した。

今回の連携により、今まで「Sansan」で名刺管理をしていた企業での営業支援システムの導入を促進することが可能だとしている。営業部門以外で「Sansan」の名刺管理システムを活用し、営業部門で「eセールスマネージャーRemix Cloud」を活用する場合でも、今回の連携で名刺情報をすべて「eセールスマネージャーRemix Cloud」に自動で取り込むことができるという。

連携にかかる初期構築費用は10万円(税別)、ランニングコストは不要。

(石原由起)