写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キングソフトは4月1日、ビジネスチャット・社内SNSサービス「WowTalk(ワウトーク)」の最新版を公開した。同サービスは、トーク機能とタイムライン機能、無料音声通話機能などを備えており、利用価格は1アカウント当たり税別300円。

主な新機能として、iOSやAndroid、Webブラウザなど端末問わず、Word/Excel/PowerPointのファイルを送受信できるようになった。オフィスソフトやオンラインストレージ、メール添付などの外部アプリから1回当たり25MBまでのファイルを直接WowTalkに送信できる。

また、ユーザーからの要望が高かった企業ポリシーに沿った機能のカスタマイズにも対応した。25種に及ぶ機能のオンオフをデフォルトで設定することにより、企業管理者の負担を軽減した形で企業ポリシーを遵守できるという。

このほか、画像/音声/ドキュメント/テキストのトーク内転送、アプリのキャッシュクリア機能、Webブラウザにおいてログイン入力の簡素化、トークの「既読/未読」をWebブラウザでも確認できる機能などを実装した。

(山本明日美)