『シェーン デジタルリマスター版』ポスター(左)とひつじのショーンに乗っ取られた『ショーン』ポスター(右) Shane(tm) & Copyright (C) 2016 by Paramount Pictures Corporation. All rights reserved

写真拡大

デジタルリマスター版になって、4月9日より丸の内TOEI2ほかにて全国順次公開される『シェーン』のポスタービジュアルが、なんと『シェーン』から『ショーン』に変更になった!?

あの名作『シェーン』がデジタルリマスター版で映画館に蘇る!

これまで『シェーン』のビジュアルは、少年が馬に乗って去って行くシェーンを見送る「シェーン、カムバック!」のラストシーンと、 ワイオミングの大自然に、永遠のヒーロー、シェーンの姿が浮かび上がっているものだったが、新たに『シェーン』から『ひつじのショーン』へ変更になっている。

主役の顔ばかりか、タイトルも「シェーン」から「ショーン」に変わり、「いま、ヒーロー、カムバック!」というコピーまで、「いま、ヒツジ、カムバック!」に変更。よく見ると、馬上のシェーンもショーンになっているというこだわりぶりだ。

実はこれ、エイプリルフールである4月1日限定のプロジェクト。『シェーン』も『ひつじのショーン』も日本では東北新社の配給作品となっており、社内でも、しばしば言い間違いが起こっていた模様。そこで『ひつじのショーン』を手がける制作会社のアードマン・アニメーションズに今回のコラボレーションをもちかけたところ、「おもしろいじゃないか」と快諾を得て実現したという。

なお、このビジュアルは、4月1日限定で『シェーン デジタルリマスター版』公式サイト(http://shane-movie.jp/)のトップ画面に掲載中となっているので、こちらも要チェックだ。

【関連記事】
【今年のエイプリルフール記事】竹内力が編成局長に就任し「映画・チャンネルNECO」が「 RIKI」に改名
【過去のエイプリルフール記事】『リング』貞子と『呪怨』伽椰子が共演!『貞子VS伽椰子』の製作が決定!?
【過去のエイプリルフール記事】えっ!完成は10年後? KDDIとデアゴスティーニのコラボで週刊「スマホを作る」創刊
[動画]『映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム』予告編