パナソニック株が10%を超える急落で下げ幅トップ 投資家が不安に

ざっくり言うと

  • 1日の東京株式市場で、パナソニックの株が10%を超える急落となっている
  • 同社の中期業績見通しの下方修正が、投資家の不安をかき立て大きく売られた
  • 午後の取引でも値下がりが進み、東証1部の下げ幅トップとなった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング