いざ、最終予選へ。ハリルジャパンに求められる“第二段階”とは
 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の就任からちょうど一年が経った。最初の親善試合で2連勝を飾るなど“名刺代わり”としては上々の出だしだったが、FIFAワールドカップロシア アジア2次予選の初戦でシンガポールと0−0の引き分けると、国内組で臨んだEAFF東アジアカップ2015は2分け1敗の最下位に終わってしまった。期待は一転して失望に変わり、チームの求心力が低下した状況で迎えた9月の2連戦。ホームでカンボジアに勝利し、イランのテヘランでアフガニスタンと対戦する前日の会見で指揮官にこんな質問をぶつけた。

「現在メディアやサポーターの間で非常に厳しい声が上がっているが、ブラジルW杯で世界に衝撃を与えたアルジェリア代表でも、強化の過程では非常に厳しい批判にさらされたと聞きます。そうした状況でどう立ち回り、本大会まで持っていったのか。日本ではどういうビジョンを描いているのか」

 彼の答えはこうだ。

「このようなプロジェクトを持ったチームで仕事をするのは初めてではない。デリケートな状況から向上させて発展させていかなければならない。もちろんフットボールに関してはすぐには発展しないということ。多くの人はなかなか待てない。特にサポーターとメディアは早く結果が欲しいと。何日かでいろいろなことがすぐに変わると思ってしまう人もいます」

 その言葉に続き、チームには意識の変化が表れていること、そして守備や攻撃のインテンシティに「かなり興味深いもの」があり、そこから良くなっていく確信があるが、様々な批判が起きることは「ノーマルだと思っている」と認めながらも、こう付け加えた。

「世界中の代表監督はいつも批判されています。ただ、私はするべきことを分かっていますし、おそらく1年後、2年後、3年後にはまた別の話になっているのではと思います」

 当時の状況から考えれば、2次予選を無敗の首位で突破し、8試合で27得点無失点で終えた現在の状況はすでに違っている。辛辣な言葉を並べて解任論まで打ち出していた評論家の言葉も、また違ってきたものになっているのも確かだ。ただし、さらに相手が厳しくなる最終予選、そして世界に挑むロシアW杯本大会を見据える場合、日本代表の近未来に懐疑的な見方もある。

 「するべきことを分かっている」という言葉は、チームの始動から本大会から逆算してチーム作りを進めていることを意味する。指揮官が「1年後、2年後、3年後」という表現を用いたのは、最近になって言葉にし始めた「第一段階、第二段階、第三段階」を示唆するものだったのだろう。

 もちろん、日本という“未知の国”で手探りの部分もあったはずだが、Jリーグの視察やスタッフとのディスカッション、さらに合宿で選手たちと交流を重ねる中で、指揮官が学んできた部分はあるはず。最終予選に向けた強化はさらに難しいものになるが、“第二段階”は日本サッカーに関してより理解したところからスタートできるメリットもある。

 それではここから始まる“第二段階”とはどういうものになるのだろうか。

 第一段階のファイナルと位置づけたシリア戦でチームのスタンダードを示すことはできたが、より厳しい戦いを想定した実戦的な強化を進めていく必要があることは明らかだ。指揮官も「(最終予選は)もっと強いチーム、問題を起こすチームも出てくるだろう」と展望する。

「守備にも厳しさが求められる。我々の弱い時間帯に、もっとコントロールをしなければいけない。お互いにコミュニケーションを取ったり、集まってブロックを作ることもそう。まだまだディスカッションを重ねて準備する必要がある」

 チームのベースになる「縦を狙う攻撃意識」や「攻守の切り替え」、「デュエル(一対一や競り合いでの厳しさ)」はトレーニングの継続で精度と質を上げていき、そこにバリエーションやマネジメント、バランスといった要素を組み込んで実戦的なレベルアップを図ることになるだろう。また選手たちの判断に関しても、より応用的なものが求められていくはずだ。