自律走行車レースの祭典「Roborace」のバカバカしいほどのカーデザイン

写真拡大

まるで異世界の生物のようなこのクルマをよく見れば、ハンドルはおろかドライヴァーシートもないことに気づくだろう。電気自動車によるカーレース「フォーミュラE」内で行われる自律走行車レースの、専用車デザインが発表された。

「自律走行車レースの祭典「Roborace」のバカバカしいほどのカーデザイン」の写真・リンク付きの記事はこちら

フォーミュラ1のレースカーが「きまぐれな進化の結果生まれた最高の極楽鳥」ならば、このクルマは「人智の及ばぬ世界のために生み出された魚」とでも言おうか。

英国ヴェンチャーキャピタル・ファンドのKinetikによる世界的なモータースポーツ・シリーズが、今年で2年目を迎える「フォーミュラE」の一部として、来年以降スタートする。その名も「Roborace」が、レースカーのデザインを公表した。自律走行のテクノロジーを前進させるべく、ソフトウェア開発者に自らの技術を磨いてもらうための派手な競争の場を提供しようというのがその意図だ。

各チームとも“ハードウェア”自体は共有し(つまり、皆同じクルマを走らせる)、それぞれ独自のソフトウェア開発を行う。

デザインを手がけたのは、帝国・フォルクスワーゲンでそのキャリアをスタートさせ、アウディやベントレー、ブガッティで働いたダニエル・サイモン。彼の作品を見たことがあるというなら、それは映画館のなかである可能性が高い。サイモンは『プロメテウス』『キャプテン・アメリカ』『トロン:レガシー』といった映画においてカーデザインを行っている。よって、自律走行車レースのクルマに関する仕事となれば、これほどふさわしい履歴書はない。

自動車メーカーはいま、クルマがどうつくられるべきかを変える必要があると考え出しているが、これは、完全に人間の出番をなくすという“次の一歩”となるのだろう。非常にクールな未来だ。

人間のドライヴァーがクルマを駆るレースだって興味がないのに、ましてやロボットがサーキットに溢れることには関心がないって? ならば、これらのクルマにサーキットの走り方を教えることは、いずれ消費者が使うシステムを進歩させるのに役立つかもしれないと思ってもらいたい。