写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは4月1日、ゴースト捕獲装置「プロトンパック」の開発に成功したと発表した。国内での展開日は8月19日。

プロトンパックは、1984年公開の映画『ゴーストバスターズ』に登場したゴースト捕獲装置だ。今回発表されたソニー製プロトンパックは、原子力や軍需技術の専門家 ジリアン・ホルツマン氏と共同で開発。開発期間は30年以上で、ソニーがこれまでに培ってきた技術を多数投入した。

たとえば、スマートフォン「Xperia」に搭載されている「STAMINAモード」を採用することで、バッテリーの長時間持続を実現。また、コンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot」シリーズに備えている「スーパースローモーション機能」により、毎秒960フレームの高速動画撮影を可能とした。NFCでスマートフォンやテレビとワイヤレス接続し、捕獲した物体の閲覧、転送、シェア、画像のキャプチャや編集が行える。さらに、内蔵の4K超短焦点プロジェクターにより、捕獲した物体をリアルタイムで投影することもできる。

ゴーストの捕獲は、小型超伝導加速装置が水素プラズマ細胞から抽出されるプロトン(陽子)の動きを加速させることで行う。内蔵の液体ヘリウムタンクが加速時の超伝導温度を一定に保ち、超低温冷凍機能を実現することで、低温デュワーを上回る長時間駆動が可能になっている。

また、自動光線操縦技術を採り入れ、人間工学に基づいて設計された操作バーにプロトンビームを自動的に誘導。操作バーは、プロトンビームの射程精度を最大限に高める空洞共振器の役割も兼ねている。本体サイズはW464×H843×D238mm、重量は6.66kg。防水・防スライム性能を持つ。

ソニー CEOの平井一夫氏はプロトンパックの開発について、コロンビア大学のスペングラー博士が開発に着手して以来、世界中の技術者にとって長らくの夢であったとコメント。また、「常にイノベーションを追求し続けるソニーの姿勢を示したものであり、私たちソニーのミッションにおいて非常に重要な『WOW』をまさしく体現するものである」とアピールしている。

なお、プロトンパックはエイプリルフール企画であり、架空の製品だ。