アウディは2016年4月1日、今年2月に販売がスタートしたばかりの新型「A4」に新たなオプションとして「 Audiマトリクス顔文字LEDヘッドライト 」を用意することを発表しました。
1

周囲の状況に応じて自在に配光をコントロールする「マトリクスLEDヘッドライト」、世界初の「レーザーハイビーム」など、数々のライティング手法を編み出すアウディが提案する新機能で、 ドライバーの状態が正常な時は、<normal mode>としてヘッドライト上に\(^o^)/が点灯。健康状態に不調が検知された場合は<dull mode>(; ´ Д `)を表示し、周囲にドライバーの状態をスピーディに伝えます。

ドライバーの状態は、ハンドルやシートに内蔵された脈拍計、体温計などによりリアルタイムで測定。特にシートに内蔵されたセンサーで背中の体表脈波を測定することで、ドライバーの集中状態を判断します。

開発担当者曰く、「日本の顔文字は表現力が高く、周囲の車がドライバーの状態を瞬時に理解するのに適したデザインだと思い採用しました。このライトで、ドライバー間のコミュニケーションと安全を促していきたいと思います」とのこと。

価格は50万円。さらに、25万円プラスで LEDリヤコンビネーションライトに「Active gratitude assist rear<thanks mode>(人´ ∀ `)」が装備されます。車線変更や合流時に役立つ機能です。

最後に、こちらはエイプリールフール(4月1日)の嘘のリリースです(^∇^)
でも、「これは便利かも」と思いませんでしたか?
(今 総一郎)

アウディA4のLEDヘッドライトに顔文字機能\(^o^)/をオプション設定!?(http://clicccar.com/2016/04/01/363818/)