LINE、データ専門研究開発組織「LINE Data Labs」を新設

写真拡大

LINEは、LINEおよびLINE周辺サービス事業領域におけるデータの分析・研究を行う専門の開発組織として「LINE Data Labs(ライン データラボ)」を新設したと発表した。

「LINE Data Labs」は、これまで各サービス事業領域ごとに存在していたデータチームを統合して新設されたデータ専門研究開発組織とのこと。「LINE Data Labs」の設立により、各サービスの事業領域を超えて、ユーザーの利用動向等のデータを横断的に扱うことが可能になったと同社。今後は、より精密なデータ分析や情報フィルタリングを実現し、これまで以上に効率的なデータ・情報活用を目指していくとのことだ。

「LINE Data Labs」では、LINEおよびLINE周辺サービス上で高度なデータ分析、機械学習を行うことで、サービス上で実施する、ユーザー属性・興味関心分野の自動推計やそれに基づくコンテンツ・広告配信の精緻化や、運用型広告への活用、人工知能(AI)等データ応用システムの構築および、データ統合プラットフォームの構築・運用を強化などに取り組んでいく。また、機械学習、人工知能、大規模データ基盤領域における研究成果を軸とした、「LINE Data Labs」内での新たなサービス開発も視野に入れている。

■プレスリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook
LINEに関連した記事を読む
・「LINE」の公式キャラクターに「チョコ」を追加
・LINE、被災地復興支援スタンプ「3.11 つながるスタンプ」を発売
・「LINE パズルタンタン」、「Suzy’s Zoo」とのコラボを実施
・LINEのプロフィール画面でBGM設定機能が追加に
・「LINEバイト」、サービス開始1年でユーザー数700万人を突破