写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネオマーケティングはこのほど、「食事制限ダイエット」についての調査結果を発表した。同調査は3月7日〜8日にかけて、全国47都道府県の20〜50代の女性1,880名(各都道府県40名)を対象にインターネットで実施したもの。

糖質オフ(制限)ダイエットを行ったことがあるか尋ねたところ、16.7%が「ある」と回答した。どのような食事制限をしていたか聞くと、3.0%が本格的に朝昼夕で糖質制限を排除する「スーパー糖質制限」を実施したと答えている。

糖質オフダイエットの成果について質問したところ「効果があり、リバウンドもしなかった」は19.4%だった。「短期的に効果があったが、リバウンドした」は47.3%で、実践者の約2人に1人が成功後にリバウンドしたことがわかった。

糖質オフダイエット実践者に、ダイエット時にどのような体調変化があったか尋ねると、50.5%が「ダイエットが原因で体調不良になった経験がある」と回答した。

具体的には、「集中力がなくなった」(32.1%)、「イライラしやすくなった」(26.4%)といった精神的なもののほか、「肌がぼろぼろになった」(15.7%)、「体臭が強くなった」(5.7%)、「口臭が強くなった」(4.4%)など、肉体的な変化も挙がった。

経験したことがあるダイエットカテゴリーについて調査したところ、半数以上が「食事制限ダイエット」(57.6%)と回答。トレーニングなどによりダイエットを目指す「運動系ダイエット」(44.1%)と比較してもその数値は高くなっている。

ダイエットがうまくいかなかった理由について聞くと、「空腹に耐えられなかった」(23.7%)、「好きな食べ物を我慢するのがつらかった」(19.1%)といった食事を我慢するつらさが上位に入った。

ダイエット時についつい手が伸びてしまった食べ物について尋ねると、クッキーなどの軽めの洋菓子(29.9%)が最多。次いで、ケーキをはじめとした重めの洋菓子(15.7%)がランクインした。食事系の項目ではなく、間食やスイーツの誘惑に負けてしまった女性が多いことがわかった。

(フォルサ)