オバマ米大統領がキューバ国民に語りかけた「インターネットの力」

写真拡大

3月20〜22日のオバマ大統領のキューバ公式訪問は、半世紀以上続く対立の歴史の新たな転換として期待されている。3日間の歴史的な訪問を締めくくるかたちでオバマ大統領が全キューバ国民に対して語りかけた、「インターネットが人と国に与える力」について。

「オバマ米大統領がキューバ国民に語りかけた「インターネットの力」」の写真・リンク付きの記事はこちら

キューバ、ハバナへの歴史的訪問において、オバマ大統領は、国中にインターネットの接続を拡充させることを呼びかけた。

彼は、インターネットを「人類史の最も偉大な成長の原動力のひとつ」であると語りかける。スピーチの際にオバマ大統領が強調したのは、米国とキューバ間の“深刻な相違点”だ。ハバナからたった90マイルしか離れていないフロリダに住む人々が大統領の訪問をオンラインで見ているのに対し、キューバ国民のうちインターネット接続が可能なのはその約30パーセントでしかない。さらに、世界銀行によるとその30パーセントのアクセスでさえ、しばし厳しく検閲されるという。

オバマ大統領が述べたのは、インターネットの接続を拡充すること、つまりは国民の情報へのアクセスを促進することは、教育や医療だけでなく、国家の将来の繁栄にとって中核として貢献することにつながる、ということだ。「もし国民が情報にオンラインでアクセスできず、異なる見解に触れることができないのであれば、国民はすべての可能性に到達できず、そのうち若者は希望を失うだろう」

オバマ大統領がこうしてインターネット接続の必要性を説いたのは、彼がキューバとの国交正常化に働きかけて以来、初めてのことではない。この前日には、国におけるアントレプレナーシップに焦点をあてたイヴェントで、オバマはキューバ国民に対してオンライン環境を提供しようとするとき、米企業が果たしうる役割について話している。例えば、実際にCiscoはキューバの学生がITスキルを身につけるためのトレーニングを計画しているし、(ペイメントサーヴィスを提供するスタートアップ)Stripeはキューバのスタートアップ企業とともに、オンラインでビジネスを行えるように協力している。

さらに、キューバ到着直後、オバマ大統領はABCニュースに、グーグルがキューバの国中にWi-Fiアクセスを拡充させる計画を立てていると語っている。グーグルはハバナ市内の博物館にネットにつながれたChromebookとCardboardヘッドセットを持ち込むことを明らかにしたが、さらに広範囲にインターネットの接続を拡充する計画は、まだ「初期段階」にあるとした。

RELATED

キューバにブロードバンドアクセスが必要だと公的に述べた政治家はオバマ大統領だけではない。7月、元国務長官のヒラリー・クリントンは、マイアミでの演説においてインターネット接続を「基本的人権」と呼び、米国は「この自由をさらに多くのキューバ国民に拡充させるため、より多くのことをに取り組まなければならない」と付け加えている。

もちろん、これは米国だけの問題ではない。結局、オバマ大統領のキューバ訪問がこれだけ物議を醸したという事実は、キューバにおいて言論の自由に対する抑制がまだどれだけ残っているかということをわたしたちに教えてくれる。インターネット接続への規制は、言論を制限する方法のひとつでしかない。

オバマ大統領は演説の終了間際、カストロ大統領に直接語りかけるかたちで、「指導者に語りかけ、自らを動員し投票をするキューバ国民の声と力を、あなたは恐れる必要はない」と述べている。