『MIITOMO』は「金を生む」任天堂初のモバイルアプリ

写真拡大

日本では3月17日にリリースされた任天堂のスマートフォンアプリ『miitomo』が、米国をはじめとする海外にも配信開始された。リリース直後から爆発的な人気を得ている同アプリは、これからの任天堂のビジネス(と、そのプロダクト)を変えうるものかもしれない。

「『MIITOMO』は「金を生む」任天堂初のモバイルアプリ」の写真・リンク付きの記事はこちら

予想通り、任天堂は初のモバイルアプリ『Miitomo』で、“捕鯨”をするようだ。

日本ではすでに展開されているMiitomoは、米国とその他の地域で、これからサーヴィス開始となるソーシャルゲームだ。nintendo 3DS用のゲーム『トモダチコレクション新生活』をベースにしている。ユーザーは「Mii」という自分自身のアヴァターをつくり、友人のMiiたちと交流する。日本で大ヒットしていて、App StoreとGoogle Play双方で1位に君臨しており、3日間でユーザー数は100万を超えた

そして、任天堂は口にこそ出してはいないが、このアプリは莫大な売り上げをあげるだろう。多くの“無料”ゲーム同様、Miitomoにも現実世界のお金の使い方がいくつもある。

「このゲームの収益化戦略には驚かされました」と、ゲーム産業アナリストのセルカン・トトはEメールで答えてくれた。彼はサーヴィス開始以来、Miitomoをプレイし続けている。

「Miitomoには最高78ドル(8,800円)の課金システムがあります。パチンコマシーンのミニゲームで遊ぶには支払いが必要だし、あるいは“ショップ”には、5ドルかそれ以上もするアヴァター用アイテムなどが揃っています」と、トト氏は言う。「モバイルゲームの収益化について、任天堂は極めて強気ですね」

RELATED

かつて投資家たちは、任天堂のモバイルゲーム進出に対して、相応の利益を生み出すことはないと不安視していたかもしれない。というのも、同社の株価は2015年にMiitomoを発表した際、9パーセント急下降している。しかし、このアプリが実際に発売されると8パーセント急上昇した。

「任天堂は、家族と子どもにフレンドリーなイメージ。それゆえ投資家たちは、日本のモバイルゲーム業界でよく用いられるこうした典型的な収益化の手法を任天堂が本当に用いるのだろうかと疑問視していました」と、トト氏は述べる。「答えはイエスだった、ということです。例えば、 Miitomoには若年層のユーザーに対して過度な課金を警告するスプラッシュスクリーンが設定されていません。日本のトップモバイルゲームは設定しているものですが」

もちろん、Miitomoは無料でプレイできる。そして、ほとんどの人々がそうするのだろう。モバイル専門のアナリスト企業Swrveは、無料モバイルゲームのプレイヤーのうち、実際に課金しているのはわずか1.9パーセントだけだと伝えている

このような非課金ユーザーたちをサポートしているのは“クジラたち”、つまり数百ドル、ときには数千ドルさえ使ってしまう高額課金プレイヤーだ。2015年時点で、任天堂はあえてそうしたプレイヤーを追うようなことはしないと述べていた。「弊社の戦略の基本は、広範な消費者から少量のお金をどのようにいただくことができるかだ」、と15年5月に任天堂の岩田聡前社長は語っていた

任天堂はおそらく気づいている。クジラを探しに行かなくても、クジラの方からこちらを見つけてくれるかもしれない、ということを。任天堂のアプリは“クール・ニンテンドー・デジタルグッズ”でユーザーの消費を刺激する。あたかもクジラに山盛りのエサを用意するかのように。

前出のトト氏は、Miitomo単体で任天堂の巨大な収入源にはならないと語る。ただ、2016年に発売される予定のアプリのなかには、任天堂の有名なキャラクターを使用しているものもあり、それらのアプリはさらにもっと稼げるはずだとも語る。「次のアプリには、きっととても驚くと思います。Miitomoとはるかに異なった収益化のワナを仕掛けるようなアプリだったなら」

任天堂は、Miitomoのようなゲームから相当な額を稼ぐのかもしれない。そうなれば、おそらくあなたの愛した“ニンテンドー”は、無料のモバイルゲームへと変わってしまうのだ。

彼らが次にリリースするモバイルアプリが『スーパー・マリオ:ジャンプ1回1ドル!』になるなんて思いたくもない。が、Miitomoは任天堂のモバイルゲーム会社への移行を試すリトマス試験紙であり、単に任天堂が自身のプラットフォームとしてモバイルを取り込む、という話ではないのだろう。