ハンドメイドによる少数生産にこだわる英国のトラベルケースメーカーの老舗「グローブ・トロッター」。旅行好きの方なら、いつかは手に入れたい! と憧れている方もいるでしょう。

1

今回、グローブ・トロッターアジア・パシフィックからレンジローバーのビスポーク・モデルのオーダーを受け、納車を完了したそうです。

ジャンルは違っても英国の老舗ブランドが手を組むと、どんなレンジローバーに仕上がるのか興味深いところです。

グローブ・トロッターのビスポーク仕様の「レンジローバー」は、最高出力380psを発揮する、3.0L V6スーパーチャージャーを搭載した「RANGE ROVER LONG WHEELBASE VOGUE」がベース。

ジャガー・ランドローバーの「スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)」が設計・開発を担当しました。

エクステリアカラーには、グローブ・トロッター特別色ボスポラスが採用され、インテリアカラーはエボニー/アイボリーが組み合わされています。

また、テールゲートやヘッドレスト、アームレスト、ディスプレイパネル、イルミネーテッド・トレッドプレートなど、内・外装の各所にグローブ・トロッターのシンボルマークである「ノース・スター(北極星)」のロゴを配置。

同モデルをオーダーしたグローブ・トロッター アジア・パシフィックの代表取締役の田窪寿保氏は

「グローブ・トロッターは、19世紀から変わらぬ手法でいまもハンドメイドされています。そのグローブ・トロッターが提唱する、南極探検のキャプテン・スコットなど歴代の冒険家のために生まれた『ラグジュアリー・アドベンチャー』の世界観は、まさにランドローバーのブランド精神である『Above and Beyond』と合致します。そのことから、レンジローバーをベースとした特別仕様のビスポークカーをオーダーしました」

と狙いを語っています。

このレンジローバーは、3月31日に東京・銀座数寄屋橋の東急プラザ銀座1Fにオープンしたグローブ・トロッターとして日本初の路面旗艦店となる「GLOBE-TROTTER GINZA」に用意される、メンバーしか入ることのできない特別な空間「THE CLUBHOUSE(ザ・クラブハウス)」のゲストを対象とした、銀座店から羽田、成田空港へ送迎するショーファー・カー・サービスに利用されるそうです。

まさにセレブの香りがするショーファー。残念ながら自分には縁がなさそうです。

(塚田勝弘)

トラベルケースメーカーの老舗「グローブ・トロッター」 がオーダーしたレンジローバーとは?(http://clicccar.com/2016/04/01/363203/)