画像

写真拡大 (全2枚)

 電通の海外子会社のCaratは、2015年の世界の広告費における成長率の実績と、2016年、17年の広告費成長率予測を発表した。その結果、2015年9月に発表した予測に比べ、2016年の世界の広告市場に関してわずかに予測の下方修正を行った。

 電通の海外子会社でメディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(カラ)は、2015年9月に予測した2015年の広告費成長率の実績の確定と2016年の成長率予測の改定、そして2017年の広告費成長率の新規予測を行った。

 同予測は、Caratが持つ世界中のネットワークを通して収集した情報に基づき、59地域の広告費の成長率を独自に分析・推計されている。今回の発表における主なトピックとしては、下記が挙げられている。
2015年の世界の広告市場の成長率は前年比3.9%増(実績)
2016年の世界の広告市場は前年比4.5%増の5,380億ドル、2017年も4.5%増と予測
2016年の日本の広告市場は、2016年が1.8%増、2017年が1.1%増と予測
世界の広告市場に占めるデジタル広告費の構成比率は、2016年に27.0%、2017年に29.3%へ
世界の広告費成長率予測:クリックで拡大

●2015年の広告費、予測より低い結果に

 2015年の世界の広告市場の成長率は、2015年9月の予測から0.1%低い前年比3.9%増となった。

 地域別にみると、北米は前回予測から微増4.3%増、西ヨーロッパは英国および回復基調にあるスペインの高い成長により、全体では2.8%増加となった。また、中央および東ヨーロッパでは厳しい経済環境が響き、3.0%のマイナス成長。

 アジアパシフィックは、日本などの実績が前回予測を下回った影響から、3.6%増と前回予測の4.1%増を下回る結果となった。ラテンアメリカは、ブラジルは前回予測を上回ったものの、地域全体としては経済の減速感から前回予測の12.7%増を下回る11.0%増にとどまった。

●2016年の世界の広告費成長率予測も下方修正

 2016年の世界の広告市場に関してCaratは、2015年9月時の4.7%増という予測からわずかに下方修正し、4.5%増と予測。主な要因は、中国・ブラジル経済の減速によるもの。

 その結果、2016年の世界の広告費は対2015年比で230億ドル増加し、5,380億ドルに達すると見込んでいる。この背景には、UEFA欧州サッカー選手権、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック、米国大統領選などの大型イベントが続くことがある。日本については、引き続き緩やかな市場成長が持続すると見ており、2016年の成長率は1.8%増、2017年は1.1%増を見込んでいる。

 また、7つの対象媒体※で算出される世界の広告市場では、テレビ広告費が最大のシェアを占め、2016年に構成比41.4%、2017年に40.7%になると予測している。一方、モバイルやオンラインビデオ、SNSの広告費の増加に見られるデジタルシフトの加速により、デジタル広告費の構成比は2016年に27.0%、2017年には29.3%へと伸長すると同社は予測している。
※7つの対象媒体:テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、映画館広告(シネアド)、屋外/交通広告、デジタル

MarkeZine編集部[著]