偉大なる建築家ザハ・ハディド、65歳の死

写真拡大

偉大な建築家が急逝した。日本では新国立競技場のデザインにおいてその名が広く聞かれたザハ・ハディドの早すぎる死を悼む声が、世界中から寄せられている。

「偉大なる建築家ザハ・ハディド、65歳の死」の写真・リンク付きの記事はこちら

関連記事で作品を振り返る女性建築家、ザハ・ハディドが遺したもの

建築界最大のスターの1人であるザハ・ハディドが他界した。享年65歳だった。イラク生まれで、ロンドンを拠点に活動していた彼女自身のウェブサイトによると、気管支炎の治療のため入院していたマイアミの病院で心臓発作に襲われたようだ。

歴史上、最も影響力のある女性建築家として広く知られるハディド氏は、有機的曲線や流体ラインを採用し、多くの場合、高額の値段を付けた途方もない建築物で世界的に有名になった。

彼女のキャリアに議論の余地がなかったわけではない。が、ハディド氏の遺産には、表現力豊かな“動き”の感覚が吹き込まれていた。彼女の有名な作品としては、アゼルバイジャンの流れるような白色をしたヘイダル・アリエフ・センター、ロンドン五輪のアクアティクス・センター、そしてドイツのヴァイル・アム・ラインにあるヴィトラ消防ステーションが挙げられる。

ハディド氏の死に対する反応は、純粋なショックを表明するものから、現代建築において彼女の果たした造形的役割に対する称賛までさまざまだ。

I am so so so shocked, I have no words. https://t.co/pcbyzGxdGi

— Paola Antonelli (@curiousoctopus) 2016年3月31日

Devastated by the loss of a great architect & colleague today. Her spirit will live on in her work and studio. Our hearts go out. #zahahadid

— Studio Libeskind (@DanielLibeskind) 2016年3月31日

ハディド氏は2004年、建築界で最も権威あるプリツカー賞を女性で初めて受賞した。先月にはRIBA(王立英国建築家協会)ゴールドメダルを授与されている。そのキャリアを通じて、彼女は建築において女性に期待される役割を打ち砕き、性別に関わりなく、最も有名なデザイナーの1人になったのである。

SLIDE SHOW ZB950_214243_0099

1/6ザハ・ハディドが手がけた上海の複合施設「Galaxy Soho」(2012)。PHOTO: PHOTOSHOT/AFLO

China Galaxy Soho

2/6「Galaxy Soho」を内部から。PHOTO: AP/AFLO

1037086a

3/6ローマの現代美術館(2009)。PHOTO: REX FEATURES/AFLO

1037086f

4/6現代美術館の内部。PHOTO: REX FEATURES/AFLO

3196611a

5/6ザハ・デザインによる“スーパーヨット”、「JAZZ」(2013)。PHOTO: BLOHM AND VOSS/REX FEATURES/AFLO

3196611f

6/6「JAZZ」はドイツの造船会社ブローム・ウント・フォスのためにデザインされたもので、全長は128mにもなる。PHOTO: BLOHM AND VOSS/REX FEATURES/AFLO

Prev Next

関連記事日本は、ザハ・ハディドへの「支払い」を拒否した(2016.01.16)