「人が起こす地震」が多発している:オクラホマ州

写真拡大

米国地質調査所が更新した地震ハザードマップによると、オクラホマ州北西部にはサンアンドレアス断層付近並みの大きな危険性がある。これは石油・ガス業界による排水処理が主因だという。

「「人が起こす地震」が多発している:オクラホマ州」の写真・リンク付きの記事はこちら

アメリカ地質調査所(USGS)が3月28日(米国時間)に更新した地震ハザードマップには、オクラホマ州北部とカンザス州南部に、危険性が高いことを示す巨大な赤色のマークを見つけることができる。

これらの地域ではこれまで、地震はほとんど起きていない。では、この地震は何が原因なのだろうか? USGSやほかの地震学者によると、石油・ガス業界が原因だという。

石油・ガス業界の企業は、地下深くに産業排水を注入している。産業排水を処理するには、これが安上がりな方法なのだ。だが科学者たちは、こうした排水注入を地震活動の増加と関連づけてきた。そこで、史上初めてのことだが、USGSは今年、ハザードマップを更新するにあたって、人為的に起こされるこのような地震を含めることに決めた。

USGSは定期的に地震ハザードマップを公開し、建物の平均寿命である50年間に構造地震による大きな揺れが起きる確率を示している。USGSが示す確率は、建築基準法や保険料率、土地利用計画などの判断材料として利用されていた。サンフランシスコ湾岸地帯のような地震多発地域では特にだ。

だが、米国中部の州で石油・ガス関連の地震が大幅に増加しているのを受け、USGSは、2014〜2015年の地震データと産業データをまとめて、人為的な地震による1年間の被害リスクを推定し始めた。

その結果がかなり劇的な地域もある。更新後のマップを見ると、オクラホマ州北西部が地震の被害に遭う確率は最大12パーセントで、サンアンドレアス断層が近くにあるカリフォルニア州モンテレーと同程度になっている。

USGSは、オクラホマシティやダラスなど、人為的地震によって被害を受ける危険性がある地域に、700万人以上の人々が暮らしていると推定している。

人為的な地震の一部は、シェールオイル採取に用いられる「フラッキング(水圧破砕法)」のような、超高圧の水を注入する手法が主な原因だが、一般には、排水処理のほうがもっと多くの被害を与えている。オクラホマ当局(OCC)は、石油・ガス関連の排水の注入場所や注入方法を規制していなかったが、カンザス州などの州は、注入に関する政策を変更して、その結果を確認中だった。

オクラホマ州のメアリー・ファーリン知事は2015年4月、注入井が地震をもたらしていることを示す調査結果を認め、オクラホマ当局は昨年、排水注入井の閉鎖と、一部地域での排水注入削減の義務づけを開始した。2016年2月からは、廃水の注入量を2014年の60パーセントに制限するという規則が開始された(日本語版記事)。

なお、この1週間だけで、オクラホマ州ではマグニチュード3.0以上の地震が8回起きている。オクラホマ州では、1978年から2008年の間に起きたマグニチュード3.0以上の地震は2回だったが、2009年には20回、翌年は43回の地震に見舞われ、以後は2012年を除いて毎年増え続けている(以下の動画)。