「お風呂のAirbnb」日本からはじまる:二番風呂なら半額以下に

写真拡大

「民泊」をはじめとするシェアリングエコノミーが世界で存在感をましている。今後は他人の家に泊るだけではなく、「風呂」もシェアすることになるかもしれない。話題沸騰中の風呂シェアリングサーヴィスを立上げたフランス人CEOに独占インタヴューを行った。

「「お風呂のAirbnb」日本からはじまる:二番風呂なら半額以下に」の写真・リンク付きの記事はこちら

警告:この記事は4月1日に掲載されたものです

命の洗濯を世界に

本日2016年4月1日にリリースされた『Oh! You!』というサーヴィスは、「入浴体験」を変え日本の文化を世界に輸出しそうだ。フランス生まれで日本の下町・戸越銀座に住んで5年というCEOのピエール・ベニェは、自らがそこに住む理由を嬉しそうにこう語る。

「戸越銀座がある品川区と、それに隣接する大田区は、東京で一番銭湯が多いエリアです。エンジニアとして来日したとき、職場が近いここにたまたま住んでいなかったら、いまの『Oh! You!』は生まれていなかったと思います。いまわたしが住んでいるアパートは、徒歩圏内に5つの銭湯があるくらいですから」

「来日して3カ月で友人に連れられてはじめて銭湯に入ったとき、ぼくはここが天国なんじゃないかと思ったんです。他人とバスタブを共有することへの拒否感はありました。ただ勇気を出して入ってみると、それは、まるで母親の胎内に戻ったような感覚で…。仕事の締切りのことや、自分に合う歯ブラシが日本に売っていない苛立ちも全て忘れてしまった。シャワーでもカラダはキレイになりますが、心までは洗えません。お風呂は命の洗濯ですよ」

企画、デザインから実装まで、すべてを1人でこなすベニェの熱量はこの原体験から生まれている。彼のサーヴィスが目指すのは、「バスタブ」という設備をインターネットで解放する試みだ。

「銭湯はすばらしい。これを世界に広めたいと思ったんです。ただ公衆浴場法の存在など、長い歴史にもとづいた日本の社会システムがなければ、料金面など銭湯の魅力を再現することが難しいのも知っていました。だから、銭湯より先にバスタブで入浴する文化を広めるため、自分ができることを考えました」

他人の風呂に入るという体験

サーヴィスの概要はこうだ。まず、バスタブを自宅にもつ人が、サーヴィス上でオーナーとしての登録を行う。風呂場の写真や、ドライヤーの有無などの設備の詳細の記入が必要だ。つぎに風呂にお湯を張って準備ができたオーナーが、アプリの「E-Yu(イー湯)」ボタンを押すと、マップ上に湯気が立ち上るお風呂のアイコンが現われる。風呂に入りたいユーザーはマップを見ながら、自分の近くにあるそのアイコンをクリックして、料金や設備などを確認できる。もし気に入った風呂があれば、入浴したい旨をつたえる「Now Yoku(ナウ浴)」ボタンを押せば、シェアが成立する。

「欧米の人が、なぜバスタブに湯を張らないのか。日本にきて、その理由がやっとわかりました。何よりお湯を沸かすコストが高いのです。日本人は、ガスか電気かどちらでお湯を沸かすかにもこだわって、そのコストと戦ってきました。風呂文化の成熟がない欧米でこの問題をどう解決するか、ずっと考えていました。そんなとき、ご近所の人から、かつて日本には『もらい湯』という文化があったことを教わりました。他人の家のお風呂を借りることは当たり前のことだったんです。そして、ある日、サウナでAirbnbが日本でブームになっているというニュースを観たとき、閃いたんです。もらい湯2.0! 『エウレカ!』と叫んでしまいましたよ(笑)」

Airbnbを参考にしたお風呂の「シェア」を可能にするシステムはお風呂に最適化されており、自らが入ったお湯も人に貸し出すことができる(日本の言葉では「二番風呂」というのだという)。このシステムを使えば、ユーザーは一番風呂の半額で入浴できるうえ、バスタブの持ち主はカラダを温めた後、懐も暖めることができる。規約により「かけ湯」という入浴前の簡易的なカラダの洗浄が義務づけられているため、衛生面の問題は少ないという。

世界に誇る入浴文化の結実

600年前の日本を訪れたイタリア人、マルコ・ポーロによる『東方見聞録』には日本の入浴文化を著した下記のような一節がある。

男女問わず毎朝朝夕の二回ずつ水浴し、これを済まさなければ飲食しないのである。日に二回の水浴をしない者は、我々が異教徒を見るのとまさに同じように見なされる。
〈『東方見聞録』愛宕松男訳、平凡社ライブラリーより〉

古くから日本において入浴文化が成熟していた様子と同時に、高度に発達した文化にマルコ・ポーロが感じた衝撃がそこには描かれている。自らよりも劣った存在に対して用いる「異教徒」という表現で、彼は日本人の入浴文化が当時のヨーロッパのそれよりも高度であることを認めているのだ。

そして21世紀になっても、日本の入浴文化は最先端を走り続けている。スーパー銭湯という高度に発達した入浴施設は、サウナなどの海外の入浴文化を取り入れながら成長を続けており、マルコ・ポーロと同じように日本を訪れた外国人を魅了している。シャワーが入浴の大部分を占める欧米人の多くは、湯船にゆったりと浸かる体験が全くないためだ。

「お風呂のシェア」は未来のニーズを先取りする

着想から26週間でのリリースを達成したベニェは、このシステムが世界で使われることを願っている。入浴の素晴らしさを伝えるだけでなく、水の使用も節約するこの仕組みには、砂漠化による水不足に悩まされるスペインなどの政府も注目しているという。ただ問題は、心理的な障壁だろう。温泉がない国に生まれ、親以外と風呂を共にしたことがない人が大半の欧米で、「お風呂のシェア」はハードルが高いと考えるのが自然だ。ただ、さっきも銭湯に入ったばかりだというベニェは、濡れた髪をかき上げながら満面の笑みでこう語っていた。

「わたしもはじめは銭湯に入れなかったし、Airbnbもはじめは、自分の家を貸すなんてことは誰もしないといわれました。それは、根拠のない心理バイアスにすぎないのです。乗り越えることは必ずできます。一度湯船に浸かってしまえば、すべて水に流すことができるのですから」