チョコ好き女子の強い味方! 脂肪と糖を抑えてくれるチョコレート初の機能性表示食品が誕生したよっ

写真拡大

「チョコレートは大好き! でもスタイルとか肌のことを考えると、ガマンしちゃうんだよねぇ……」という女子は少なくないはず。

そんなチョコ好きの皆さん、ご注目。 3月29日発売のグリコの新商品「LIBERA(リベラ)<ミルク>」は脂肪と糖が気になる女性にもオススメなんですって!

【チョコ初の機能性表示食品】

チョコレートは通常、酸っぱくて苦い「カカオマス」に、甘くてまろやかなチョコのおいしさを作り出す「脂肪分」や「糖分」を加えて作られます。

この「LIBERA」には、脂肪と糖の吸収を抑える食物繊維「難消化性デキストリン」を配合したのが特徴。チョコレートでは初めての機能性表示食品なんだそうです。

【食物繊維が脂肪&糖の吸収のジャマをする】

グリコの商品サイトによると、この「難消化性デキストリン」というのは、トウモロコシのでんぷんから作られた水溶性の食物繊維。チョコに含まれる脂肪や糖は腸で吸収されますが、腸で消化されにくい “難消化性” という意味を持つ食物繊維が加わることで、吸収をジャマするという仕組みなんだそう。

【ガーナ産カカオでみんなに愛される味に】

「でも味の方は?」と気になった人もいるかもしれません。グリコの商品サイトによると、「LIBERA」は日本ではなじみ深いガーナ産のカカオを使用。砂糖でおいしさを出しながら、量は減らしているのだそう。

また「難消化性デキストリン」はほとんど味がないので、おいしさを邪魔することもないそうなんです。

ご紹介した「LIBERA(リベラ)<ミルク>」。これなら美容を気づかう皆さんでも安心して食べられそうでしょう〜。一口サイズのコロンとした形もいい感じ! 仕事や勉強、家事の合間などに「LIBERA」でおいしいチョコレートタイムはいかがですか。

参照元:グリコ
執筆=シナモン (c)Pouch

画像をもっと見る