写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車の中国現地子会社である日産(中国)投資有限公司(NCIC)は、4月25日から5月4日までの期間で開催される「北京モーターショー2016」にて、日産の将来ビジョンを具現化したコンセプトカー「IDS コンセプト」などを出展すると発表した。

日産は北京モーターショーにて、「ゼロ・エミッション」「ゼロ・フェイタリティ」の実現に向けた将来ビジョン「日産インテリジェント・モビリティ」を体現する「IDS コンセプト」を同国初披露する。「IDS コンセプト」は同社がめざす未来の電動化と知能化を具現化した革新的なコンセプトカー。日産は自動運転技術を搭載したクルマを中国にも投入していく予定だ。

その他、「高品質かつエキサイティングな商品を中国市場にもたらす」という日産のコミットメントを体現する商品として、最新のプレミアムスポーツセダン「マキシマ」も出展。2015年の広州国際モーターショーで中国初公開された「マキシマ」は、洗練されたスポーツカーのようなスタイリングや高い走行性能、セグメントをリードする先進技術の搭載により、とくに中国のヤングエリートから注目を集めている。

「マキシマ」は、中国の中大型セダンセグメントにおいて、新たなスタンダートモデルとなることをめざしており、ドライビングプレジャーを提供するのみでなく、セーフティ機能を多く搭載し、さらにラグジュアリーモデルにふさわしい高級感あるインテリアを特徴とする。

(木下健児)