日本を訪れる中国人旅行客が増えている。こうした人びとが日本で爆買いしていることは広く知られているが、それ以外に何をしているのか、日本で何を見て、何を感じているのかはあまり知られていない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人旅行客が増えている。こうした人びとが日本で爆買いしていることは広く知られているが、それ以外に何をしているのか、日本で何を見て、何を感じているのかはあまり知られていない。

 だが、中国メディアの澎湃新聞によれば、日本を訪れた中国人旅行客は「到着した途端に日本が好きになってしまう」のだという。では日本の何が中国人旅行客の心を動かしているのだろうか。

 記事は「もともと日本が好きでなかった中国人ですら、日本に到着すると日本が好きになってしまう」と伝え、こうした現象は多くの中国人にとって「謎」の事象であることを指摘。こうした謎を解明する手がかりとして、中国でこのほど出版されたという「私はやっぱり東京が好き」という書籍を紹介し、「些細なことですら、極致の水準まで徹底して行われている都市を愛さないわけにはいかない」と論じた。

 さらに、同書籍にかかわった中国の作家などの見解として「日本人の細部に対するこだわりは、中国人から見るともはや“変態的”」であるとしながらも、そうした細部へのこだわりに中国人は感銘を受けていると紹介。

 細部へのこだわりと言っても、日本人からすればごく当たり前のことも数多く含まれる。例えば、エレベーターなどにある目の不自由な人向けの点字や女性トイレに設置された複数の角度から自分を見ることができる鏡、街中のATMに固定されて設置されている電卓、長蛇の列の最後尾に明示された予想待ち時間といったものも、中国人からすれば驚きであり、「日本独特の細部へのこだわり」に映るようだ。

 記事は、こうした細部へのこだわりこそ、「都市の文明レベルと人びとの生活の快適度を示す」と主張している。つまり、使用する人の立場になって考えられたサービスのほか、気遣いといった要素は中国ではまだまだ向上の余地があることを意味し、中国ではなかなか見られない存在だからこそ、中国人は日本を訪れて日本に惚れてしまうのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)