30日、40歳を過ぎてもセクシーかつ気品を備え、美しさを全く失わない中国・香港・台湾代表の女性タレントたちの顔ぶれを、新浪が伝えた。メイン写真はシュイ・チン。

写真拡大

2016年3月30日、40歳を過ぎてもセクシーかつ気品を備え、美しさを全く失わない中国・香港・台湾代表の女性タレントたちの顔ぶれを、新浪が伝えた。

【その他の写真】

中国代表として登場したのは、人気女優のシュイ・チン(許晴)。少数民族・トゥチャ族の出身で、1969年生まれの47歳。09年の映画「建国大業」で孫文夫人の宋慶齢を演じたほか、90年のデビュー以来、ドラマや映画で活躍を続ける。くっきりとえくぼが浮かぶ甘い笑顔、エレガントなイメージで、今も男性人気は高い。

香港代表は、「元祖セクシー女神」ことクリスティ・チョン(鍾麗[糸是])。1970年生まれの46歳。華人とベトナム人のハーフで、91年に「ミス華僑」に選ばれ芸能界入りした。華やかな美貌と、抜群のプロポーションは健在で、3人の子供を産んだとは思えないほど。今も世の女性の憧れの的だ。

台湾代表は、モデル出身の女優リン・チーリン(林志玲)。1974年11月生まれで、今年42歳になる。30代で香港から逆輸入の形でブレークした。「台湾トップ美女」と言われる清楚な美貌だけでなく、スリムながらメリハリのある体形も、この10年間変わっていない。(翻訳・編集/Mathilda)