【2016春アニメ】耳が幸せすぎる! 王道から癒やしまで、アニオタ女子ライターが選ぶ“オススメ10作”

写真拡大

2016年3月も終わり! おそ松旋風は本当にすごかったですが、前評判の高かった『亜人』や『昭和落語心中』の他にも“このすば!”への注目など意外な展開がおこりましたね。2期も楽しみ!

おすすめ春アニメ「予告編動画」はこちら!

乙女な筆者としては、『赤髪の白雪姫』に毎週キュンキュンさせられていました。ただ守られるだけではない主人公、相手を尊重し思いやりに溢れるイケメンたち、最高です。

さて、4月からも大量の新アニメがスタート。“うしとら”“ジョジョ4部”といった続編の話題作もありますが、今回はアニメ好き女性ライターが注目する10作品を紹介します!

こんな王道からですみません!「文豪ストレイドッグス」

4月スタートの新アニメで期待度が高いといえば、この“文スト”か『進撃の巨人』のスタッフが集まった『鋼鉄城のカバネリ』じゃないでしょうか。

太宰治や芥川龍之介など、名だたる文豪をモチーフとした登場人物たちが、「人間失格」「羅生門」といった小説や作品の世界観にちなんだ異能力で戦う文豪バトル作品。 それぞれの作家にちなんだ能力というだけで面白いですが、それがアニメになって、どう動くのか楽しみ。

すでに10月には第2期の放送も決定!先日のイベント『AnimeJapan2016』でのラジオ公録イベントでも、キャストで主題歌も担当する谷山紀章さんが「上からの圧がすごい」と言っていたように、めちゃくちゃ気合いが入っているのを感じます!まずはこの4月からしっかりチェック!

実写映画化もされた「ジョーカー・ゲーム」

昨年にはKAT-TUNの亀梨和也さん主演で実写映画化もされた『ジョーカー・ゲーム』。原作小説は発売した年に「このミステリーがすごい!」2位に選ばれ、翌年には吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞している本格ミステリー。

舞台は昭和12年の日本。帝国陸軍の中佐によって秘密裏に設立されたスパイ養成部門“D機関”から輩出された、優秀なスパイたちの物語。 シリーズ構成・脚本は『うさぎドロップ』『ハイキュー!!』『銀の匙』『僕だけがいない街』など、登場人物の心情が描かれた評価の高いアニメを手がけている岸本卓氏が担当。これは見応えがありそう。

そしてキャストは結城中佐に堀内賢雄、三好に下野 紘、神永に木村良平、小田切に細谷佳正、甘利に森川智之、波多野に梶 裕貴、実井に福山 潤、福本に中井和哉、田崎に櫻井孝宏、蒲生次郎に津田健次郎、佐久間中尉に関 智一といった感じで、実力派から今人気の若手声優までイケボ揃い!

派手なアクションやコメディではないので、声優さんの実力が発揮されそうな本作。キャストの演技にも注目です。

キマシタ、王道ジャンプもの「僕のヒーローアカデミア」

こちらも、うんうん、という感じですが、キマシタ、王道ジャンプもの! 友情・努力・勝利の熱血異能力バトルヒーローものです。ザ・王道。連載開始からわずか1年超でコミックス累計発行部数は370万部を突破。次世代のジャンプを支える、今目が離せない作品です。

普通の人間から突如異能力をもつ人間が生まれたことをきっかけに、世界中の人類がさまざまな能力を持って生まれるようになった世界。その能力を活かし活躍するヒーローに憧れる主人公の少年は、特異能力を持たない、いわば旧人類の体質……。 挫折からのスタート。いいですね、盛り上がりしかない!

原作マンガは少しアメコミチックで、擬音も多くてアニメ向き。アニメーションでよりスピード感と迫力が増しそう! 少年たちがワクワクする、心の底から熱いものが湧き上がるような熱血アニメが毎週見れそうです。

もう一つ少年向け注目作「ベイブレードバースト」

もう一つ少年向け注目作はコレ。タカラトミーの玩具『ベイブレード』の進化系『ベイブレードバースト』がアニメ化。ベイブレードは現代版ベーゴマのような玩具で、初期のベイブレードもめちゃくちゃ流行り、海外でも人気でした。

その進化系、第3世代のベイブレードバーストは、対戦して勝利する条件がずばり破壊(バースト)!なんて激しい遊びなんだ!! まるでミニ四駆“レッツ&ゴー”土方レイのレイスティンガーやカルロのディオスパーダみたいじゃないか!

いやいや、あそこまで酷くありません、子ども用玩具ですから。でも、ぶつかると対戦相手の強さや優位性によってパーンッと弾けてバラバラになる仕組みになっているのです。 ギミックが派手で面白いなぁ、と思っていたので、アニメ化が楽しみだったこの作品。

PVでは、なにやら騎士が出てきて攻撃している? それぞれの商品についているキャッチコピーのようなものが攻撃演出になるみたいですね。どんなブレーダーが出てくるかワクワク!

水島努×岡田麿里「迷家-マヨイガ-」

『SHIROBAKO』『ガールズ&パンツァー』などヒットメーカーの水島努監督と、“あの花”『凪のあすから』『selector infected WIXOSS』などを手掛ける岡田麿里がシリーズ構成を担当。 現実の世界のシガラミに縛られないユートピアとウワサされる「納鳴村(ななきむら)」に集まった若き男女。しかしそこは朽ちつつある無人の集落。閉鎖された村での人間模様と葛藤が描かれます。

集まったのは人生に絶望し、『第1回人生やり直しツアー』に参加した男女30名。なにやらワケありなんでしょうね、きっと何か他人には言えないことを抱えているのでしょう! ……重そう(笑)。制作陣の組み合わせからしても重そうです。

しかし、そこは水島監督。公開されたPVでは絶望感なんて感じさせない高めのテンション。ラストはどうなるかわかりませんが、そこまで重く捉えずに見ることができるかも? しっかりとしたストーリーになりそうで、期待大です。

「1話たりとも見逃せない! 謎が謎を呼ぶスリリングな展開!」とのことなので、見逃し注意ですよ!

週1回、ほっこりキュンと温かい気持ちになれそう「SUPER LOVER」

『八犬伝-東方八犬異聞-』の原作者・あべ美幸のもう一つの大ヒットシリーズ『SUPER LOVERS』がTVアニメ化! ある少年が、離れていた家族の元へ戻って打ち解けるまでのハートフルストーリー……なら普通ですが、少年が戻るのはイケメンな3人の兄が待つ家。しかもそこにラブ要素が加わると話は変わってきます。

兄と弟の禁断ボーイズ・ラァヴ!? 苦労性長男、超美形双子、野生児末っ子の4兄弟が織りなすトラブル・ラブです! アニメ制作は安定のスタジオディーン。シリーズ構成は『純情ロマンチカ』『世界一初恋』の脚本を担当している中村能子氏。この揺るぎない布陣!安定感!絶対安心して見ることができる!

週1回、ほっこりキュンと温かい気持ちになれる時間が訪れそうですね。“セカコイ”のアニメも早く〜。

美少女戦士セーラームーンCrystal SeasonIII(デス・バスターズ編)

この流れでコチラ、『美少女戦士セーラームーンCrystal』。賛否両論あった新セーラームーンですが、物語は第3期に突入。そしてこの流れで紹介したのは、このデス・バスターズ編から今千秋監督になるからです!!!

“純ロマ”“セカコイ”シリーズ、『おとめ妖怪ざくろ』『魔界王子』など、乙女がドキドキ、キュンとするような世界観で作品を作り上げてきた、今千秋監督。そんな監督のセーラームーン、どうなるのか気になって仕方ありません。

デス・バスターズ編ではついに、ウラヌス、ネプチューン、サターンが登場し、セーラー戦士が10戦士揃うのも見どころ! すでに公開されたウラヌスとネプチューン2人が歌うED映像も話題となっています。早くはるかとみちるが見たい!!

切ないほたるちゃんの話もどう描かれていくのでしょうか。 これまで観ていなかった人も、今回の新シリーズから観始めてみては?

がんばらないことがモットーです「田中くんはいつもけだるげ」

基本動きたくない、がんばらないことがモットーの男子高校生・田中くん。やる気も活力もまったくない、けれどなんだか憎めない田中くんのユルユルまったりインセンシティブ青春コメディ。

原作コミックは、『男子高校生の日常』や『月刊少女野崎くん』など人気アニメ化作品を輩出するガンガンONLINEで連載中。あの系統ね、と思ってもらえればわかりやすいと思います。

すでに先行上映で2話視聴したのですが、本当にまったり。ゆるゆると時間が流れる平和なアニメ。田中くんのキャラも良いですが、なぜか田中くんを慕い愛する周りのみんなも魅力的。特に面倒見の良いオカン系男子・太田がめっちゃいい奴!田中は本当に幸せものです。

最長12年の連載を誇る名作「三者三葉」

きましたよ、まんがタイムきらら枠。なんと原作漫画は、まんがタイムきららで最長12年の連載を誇る名作!そして作者は『未確認で進行形』荒井チェリー先生。これは期待。 今まで知らずに生きてきてすみません!

大食い娘、元お嬢様、腹黒委員長の仲良し3人組と、ツンツン娘やひとこと多いおせっかい娘などの女子高生たちが繰り広げるドタバタコメディ。PVを観るとなんだかひたすら食パンをいろんな食べ方で食べてます。1話の内容でしょうか。元お嬢様のメイドや使用人なども出てきて、そこそこキャラも濃そう。 そして歌がかわいい!

キャラ自体もかわいいので、OP・EDが楽しみ。 『みなみけ』『みつどもえ』『干物妹!うまるちゃん』などの脚本を務める子安秀明氏がシリーズ構成なので、安心して見れそうです。

今期の飯テロアニメはコレかな?「パンでPeace!」

こっちもパンだと!? おそらく『三者三葉』は1話がたまたまパンの話なのだと思うのですが、こちらは完全にパンがメインのストーリー。 「私とパン友になってください!」から始まる、美味しくてキュートなふわふわパンコメディらしいです。パンコメディってジャンルの存在を今知りましたよ!

「感じる!パンのオーラを感じる!」……主人公・谷みなみちゃんのセリフです。ちょっとヤバイ子みたいですね。それぞれお気に入りのパンがあるようです。

かわいい女子高生がただみんなでパンを食べるだけのアニメ……なんてふわふわしているのでしょうか! 癒やされそう。 近年さり気なくパンブームですし、今期の飯テロアニメはコレかな!

以上、いかがでしたでしょうか。チェックしていなかった作品はありましたか? 大量の新アニメがあるので、話題作に気を取られてしまいがち。他にも高橋留美子のコメディが好きなら押さえておきたい『境界のRINNE』第2期や、暗部時代のイタチの物語『NARUTO-ナルト-疾風伝 イタチ真伝篇』など、サラッと見逃してしまいそうな情報もお伝えしたいところですが……今回はこの辺で!みなさんも春アニメを楽しんでくださいねー!

あっ!そういえば約20年ぶりに「少年アシベ 」「ぼのぼの」がミニアニメになって復活しますよ! 『少年アシベGo!Go!ゴマちゃん』はEテレの天てれアニメ枠。ぷっくりまあるい赤ちゃんアザラシのゴマちゃんの「キュ〜」の声がまた聞けるのは嬉しいですね! 『ぼのぼの』はフジテレビで放送。あのゆるい空気感そのままに、『ぼのぼの』ならではの哲学的要素にハッとさせられます。子供だけでなく大人にもオススメです!