前年覇者の渡邉彩香は1打差3位に!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヤマハレディースオープン葛城 初日◇31日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(6,568ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー第5戦『ヤマハレディースオープン葛城』が開幕。その初日、連覇を目指す渡邉彩香は4連続を含む5つのバーディを奪うもボギー1つにダボ1つ。“70”の2アンダー・3位タイで初日を終えた。
渡邉彩香の特選PHOTOは写真館で!
 「良いショットもあったがミスも結構あった。そんな中でラッキーもあったし、今日の調子で2アンダーはベストスコアかな」と渡邉。浮き沈みの激しいラウンドにも合格点をつけた。
 及第点のラウンドだったが、課題も残った。その課題に挙げたのがティショット。今日のダボもティショットを左に曲げたことが原因だった。ショット自体の調子は悪くないが、「ミスが続いてしまう」と崩したリズムを戻すのに時間がかかってしまった。「スイング自体は悪く無いと思うのですが、良いリズムで打てたときと悪いリズムになったときのミスの幅が大きい」という。連覇の鍵は試合中の修正力になりそうだ。
 もちろん全てが悪かったのではなく、オフに取り組んだショートゲームは、15番で残り60ヤードから1mに付けるなどスコアメイクに大きく貢献した。「自信を持って打てている」と手応えは十分だ。あとはショットが戻ってくれば連覇も見えてくる。会見の後、渡邉は練習場へと急いだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム】
国内女子開幕特集!注目プロの新たな武器は?