2015年キャンペーンの受賞作の1つ。「ポテトチップス ゴマヨぽん味」(オープン価格)はポン酢の酸味とマヨネーズのコクに加え、焙煎ゴマの香ばしさがくせになる味わい

写真拡大

カルビーは、新しいカルビーポテトチップスの味を作るという一般参加型のキャンペーン、カルビーポテトチップス「フレーバーオーディション’16」を4月1日(金)より実施する。

【写真を見る】カルビー「ポテトチップス フレーバーオーディション」が今年も開催!2015年の商品化フレーバー「ポテトチップス サワクリ&ホタテ味」(オープン価格)も好評発売中

スローガンは「ありそうでなかった組み合わせで、新しいおいしさを作ろう!」。2015年に行われた本キャンペーン第1弾では、約46万件の応募の中から「ゴマヨぽん味」「サワクリ&ホタテ味」「ツナコーンカレー味」の3つが商品化され、全国のスーパー・コンビニエンスストアでも好評を博した。そして今年も新しい味を求めて、引き続き開催が決定!

今年の「フレーバーオーディション」では、昨年から食材の種類を更新し、より新しい組み合わせを考えることができるように改変。さらに応募ステージが2ステージ制となる。

まずステージ1では、“海産物(カキ、タイなど)”、“やさい(ニンジン、アスパラなど)”、“調味料(みりん、めんつゆなど)”他、10カテゴリー・全100種類の食材リストから3種類の組み合わせで応募を受け付ける。そしてステージ2では、ノミネートされた5作品からWEB投票を受け付け、上位2作品を商品化。応募作品が商品化される2名には賞金100万円、さらにノミネートされる5名にも賞金10万円をプレゼントする。

応募方法は、パソコンかスマートフォンからキャンペーンサイトにアクセスし、食材から「これだ!」と思うものを3つ選んで、ネーミングやコンセプトなどの必要事項を記載して投稿すればOKだ。

自分だけの「あったらいいな」がカルビーの歴史に残る新商品となるかも!?と夢(妄想)は広がるばかり。よりオリジナリティ溢れるフレーバーや、ネーミング&コンセプトを考えて、ぜひトライしてみて。【東京ウォーカー】