U-23日本代表、リオ五輪での組み合わせはこの16パターン?

写真拡大

29日に行われた大陸間プレーオフをもって、リオ五輪に出場する男子16チームが決定。

最後の切符を掴み取ったのは、U-20南米選手権2015で準優勝の成績を収めたコロンビアだった。

この後、出場全16チームは4チーム×4グループに分けられる。運命のドローは4月14日(木)に開催予定だ。

さて、リオ五輪への出場チームが出揃ったこのタイミングで、各紙は抽選会におけるポット分けについて伝えている。その内容はこの通り。

Pot1: ブラジル / アルゼンチン / メキシコ / 日本

Pot2: ナイジェリア / 韓国 / ホンジュラス / イラク

Pot3: スウェーデン / フィジー / ポルトガル / 南アフリカ

Pot4: コロンビア / アルジェリア / デンマーク / ドイツ

過去の大会での成績をもとにポイント化し、決定されたというこのポット分け。

FIFAやオリンピック側からの公式発表はないが、各紙が揃って報じているのを見るとおそらく裏が取れているのだろう。海外でもほとんど報道されておらず、日本独自のソースがあるのかもしれない。

今回の情報によれば、日本はブラジルやアルゼンチン、メキシコと並んでPot1に入ることになるという。五輪の抽選会では各Potから1チームずつが各組へと振り分けられるため、日本はグループステージでブラジルやアルゼンチンといった強豪チームと対戦しないことが明らかとなった。

また各紙によれば、今回の抽選では同一大陸に所属するチームも同じグループには入らないことが決まっているという。つまり、日本はグループステージで韓国やイラクとも対戦しないわけだ。

ここまで条件が揃うと、実は日本が入るグループはある程度絞られることになる。

どうやら、日本が入るグループの組み合わせは最大で16パターンあるようだ。

すでに報じられている情報を踏まえると、日本が入るグループは以下の16パターンになる。

そのチームが所属する大陸によって、背景色を変えている。要は、グループの中で同じ色をしたチームが同居することはないわけだ。

Pot2にAFCに所属する韓国とイラクが入っていることから、日本はここでナイジェリアかホンジュラスを引くことになる。それに従って可能性を排除していくと、このような16パターンが残る。

やはり注目は、「日本がヨーロッパのどのチームを引くか」ということになるだろうか。このチャートによれば、日本は12/16の確率(パーセンテージで表すと75%)でヨーロッパのチームと対戦することになる。また、ナイジェリアとホンジュラスに関しては、ホンジュラスと同組になる確率がやや高めであるらしい。

オセアニア代表のフィジーはこれが初の五輪。同地域ではニュージーランドが圧倒的な実力を誇っているが、今大会では失格処分となっている。フィジーは最も戦いやすい相手といって間違いないが、日本が同組になる確率は7/16(パーセンテージで表すと43.7%)である。

繰り返しになるが、これらのPot分けはオフィシャルなものではない。さらに、五輪では世界の地図を五つの大陸として認識しており、北中米・カリブ海と南米は「南北アメリカ大陸」と一括りにされている。

そのため、北中米・カリブ海と南米のチームを同一大陸と見なす可能性も0ではない。そうした場合ホンジュラスとコロンビアは同組にならず、パターンF、H、L、Nを除く12のパターンが日本には残されることとなる。果たして日本はどのようなグループに入るのだろうか…。

リオ五輪の抽選会は、4月14日(木)にリオデジャネイロで行われる。