中国メディア・和訊網は3月30日、日本が世界に冠たるクリーン石炭技術を発展させてきた過程を紹介するとともに、著しい石炭依存状態にある中国が学ぶべき点について提起する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF) 

写真拡大

 中国メディア・和訊網は3月30日、日本が世界に冠たるクリーン石炭技術を発展させてきた過程を紹介するとともに、著しい石炭依存状態にある中国が学ぶべき点について提起する記事を掲載した。

 記事は、クリーン石炭技術が石炭のクリーンかつ高効率な利用技術の総称であり、洗浄、選別、加工、燃焼、煙の浄化、汚染物制御など一連の技術が含まれると説明。日本では1980年には早くもクリーン石炭や新エネルギー技術の研究開発を行う機関ができ、95年にはクリーン石炭技術センターが作られ、巨額の研究投資が行われて卓越した成果を挙げてきたと紹介した。

 また、2008年には日本政府が「クールアース・エネルギー革新技術計画」を始動し、そこには超臨界圧技術、石炭ガス化複合発電(IGCC)、石炭ガス化燃料電池複合発電技術(IGFC)などの高効率石炭発電技術や二酸化炭素の捕捉・密封技術が盛り込まれたとした。

 さらに、14年に内閣が発表した新しいエネルギー基本計画において石炭が「ベースロード電源」の1つに位置付けられ、古い発電所の最新型への改造技術推進、IGCC技術開発強化が提起されこと、2020年にIGCC技術を、25年にIGFC技術を掌握するというロードマップを示し、関連研究への資金援助など様々な優遇政策を打ちだしていることを伝えた。

 そのうえで、日本が大々的に進めるクリーン石炭技術の発展は、石炭が一次エネルギー消費の3分の2を占める中国におって「多くの啓示を与える」ものであると解説。国家戦略化している日本の技術や政策の多くが「学ぶに値する」としている。そして、カーボンオフセットなどによって石炭消費の全体量を制御し、石炭の減産を実現すると同時に、クリーン石炭の発展戦略と技術革新ロードマップを速やかに制定、技術を普及させる必要があると論じている。

 中国における大気汚染で大きな元凶とされている石炭エネルギー。しかしその問題点は石炭を使うこと自体ではなく、質や純度の低い、低効率な石炭をそのまま使用し、なおかつ排気ガスを浄化するなどの汚染制御に対する意識と技術が不足しているところにあるようだ。過剰生産を止め、化石燃料や太陽光、原子力にエネルギーの割合を分散させたとしても、石炭の使用を完全に停止することは少なくとも近い将来には考えられない。となればやはりここは、記事の指摘通り日本が培ってきたクリーン石炭技術とその戦略について、真摯に学ぶべきだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)