写真提供:マイナビニュース

写真拡大

安川情報システムと伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は3月31日、顧客企業のIoTを活用した新規サービスの立ち上げに向けたトータルな支援を4月1日から共同で開始すると発表した。

両社はIoTクラウドサービス「MMCloud」とアジャイル開発サービス「CTC Agilemix」を組み合わせ、IoTを活用した新規サービスの立ち上げを支援する。支援範囲はビジネスの企画からプラットフォームを使用した検証、機能改善、運用までのIoTサービス提供のすべてのフェーズとなり、製造業やサービス業の企業を中心に提供し、1年間で10社への提供を目指す。

MMCloudxは、機器からデータを収集し、配置や稼働状況の把握・分析を行う安川情報システムのクラウドサービスで、柔軟なステータス表示、異常データの検知、故障予測などの機能を備え、小規模からの利用が可能。2014年のサービス開始以降、エンジニアリングや産業ロボット、ファクトリーオートメーションなどの産業分野や、スマートシティ、浄水場の公共分野に提供しているという。

一方、CTC Agilemixは、顧客のアイデア創出からアプリケーション開発環境の導入、開発と運用までを一貫して支援するサービス。ハッカソン、アジャイル開発、DevOpsなど、クラウド環境における柔軟なアプリケーション開発手法についてのノウハウを体系化し、開発と運用の2つの段階で顧客の新しいビジネス創出を支援するとしている。

企業のIoT活用において、MMCloudで機器からのデータ収集や収集したデータの可視化・分析し、CTC Aglilemixでハッカソンの開催やアプリケーションの実現性の確認と検証を支援する。アジャイル開発を通して早期のサービス開始や継続的な機能改善を実現していく。

安川情報システムの産業分野や公共分野での強みと、CTCのサービス業、科学、流通分野での実績を活かし、両社が共同でのサービスの提案と提供を推進する。また、MMCloudの機械学習やAIの機能を強化し、顧客企業のIoT活用によるビジネスの発展に貢献していく方針だ。

(岩井 健太)