世界が欲しがる、キューバの「肺がんワクチン」

写真拡大

キューバでは、独創的なバイオテクノロジーや医療の研究が行われてきた。米国の研究所は、肺がん治療ワクチンなどを開発したキューバの研究者チームと提携し、米国での治験実施とさらなる研究進展を目指している。

「世界が欲しがる、キューバの「肺がんワクチン」」の写真・リンク付きの記事はこちら

※この記事は2015年11月15日に公開されたものを、一部編集して翻訳・掲載しています。

キューバは数年前に、肺がん治療に大きな効果が期待できる治療ワクチンを完成させていた。55年間におよぶ米国主導の禁輸措置により、こうした研究がキューバ国外に出ることはほとんどなかった。しかし、それも間もなく終わりを迎えそうだ。

オバマ政権がキューバとの国交正常化に取り組んでいた2015年4月には、ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモもハヴァナを訪問したが、このときロズウェル・パークがん研究所(RPCI)は、キューバの分子免疫学センター(CIM)との提携を成立させた。肺がんワクチンの開発と、米国内での治験開始を目指してのことだ。

この提携により、CIMが開発した肺がんワクチン「CimaVax-EGF」は米国に上陸し、食品医薬品局(FDA)の承認を目指すことになった。

RPCIのキャンダス・ジョンソン所長は「このような優れたワクチンの効用を評価する機会が得られることになり、非常にワクワクしています」と語った。その理由は、これまでの研究により、CimaVaxは毒性が低く、製造と保管にそれほど費用がかからないということが示されていたためだ。

この提携によりCIMは、FDAの新薬承認申請に向けたすべての資料(製造法、毒性に関するデータ、過去の治験の結果など)をRPCIに提供することになった。ジョンソン所長は6〜8カ月以内にCimaVaxのテストを行う承認を得て、1年後に治験を開始したいと語っていた(RPCIは2016年春にFDAに申請を提出し、今年末に治験を開始したいとしている)。

キューバが、この最先端のがん免疫療法薬を手にした経緯とは、一体どのようなものだったのだろうか。

キューバといえば葉巻とラム酒、野球で有名だが、実は同国では、世界で最も進んだ独創的なバイオテクノロジーや医療の研究も行われている。キューバの平均的な労働者の月収が20ドルであることを考えると、この事実は注目に値する。キューバ国民1人当たりの医療費は米国と比べるとごくわずかだが、キューバ人の平均寿命はアメリカ人のそれと肩を並べる。

「キューバは、少ない予算で大きな成果を上げなければなりませんでした」とジョンソン所長は語る。「だからキューバは、革新的なアプローチで事態に当たらざるをえなかったのです。40年以上前から、キューバは国内に免疫学の卓越した研究コミュニティーを形成してきました」

何十年という経済制裁にもかかわらず、フィデルとラウルのカストロ兄弟は、バイオテクノロジーや医療研究、とくに予防医学を優先事項に据えてきた。1981年にデング熱が大流行し、35万近くのキューバ人を襲うと、キューバ政府は、具体的な目標に向けたさまざまな機関による研究努力に焦点を絞る取り組み「バイオロジカル・フロント」を掲げた。その取り組みの最初の大きな偉業は、ヒトの免疫反応に関与するタンパク質「インターフェロン」の生産を(予想外にも)成功させたことだ。

それ以降もキューバの免疫学者たちは、B型髄膜炎およびB型肝炎のワクチンや、腎移植用の免疫抑制剤(モノクローナル抗体)など、ブレークスルーをいくつも達成してきた。

とびきり上等な葉巻の生産国であるキューバが抱える問題といえば、喫煙だ。肺がんは、キューバ人の死因の第4位を占めている。CMIの医療研究者たちは、25年間にわたって肺がん用治療薬の開発に取り組み、その結果、2011年にキューバ保健省によりCimaVaxが一般市民に無料で提供されるようになった(1回の接種につき、キューバ政府は患者に代わって約1ドルの費用を負担する)。

2008年に行われた治験により、CimaVaxを投与された肺がん患者は、投与されていない患者より平均で4〜6カ月長く生存したことが示された。この結果に促されて、日本と欧州のいくつかの国もCimaVaxの治験を開始した。

公平を期すために言っておくと、CimaVaxは現状では、がん治療を根本的に変える薬になることはおそらくないだろう。CimaVaxは腫瘍を直接攻撃するのではなく、腫瘍によってつくられ、その後、血中を循環するタンパク質を標的にする。この作用に刺激されて、人体は上皮成長因子(EGF)と呼ばれるホルモンに対する抗体を放出する。EGFは主として細胞の成長を促すが、抑制されなければ、がんの原因にもなりうる。したがって、CimaVaxの要点は、肺腫瘍が成長・転移するのを防ぎ、後期のステージにある腫瘍を、慢性ではあるが管理できる状態の腫瘍に変えることにある(ほとんどの人は普通、ワクチンを病気を防ぐものと考えるが、ワクチンとは厳密には、何らかの方法で免疫系を刺激する物質を指す)。

ただし、米国と欧州においては、すでに肺がん患者は、これと同じ目的を持つ治療選択肢を与えられている。RPCIの研究者たちが現在計画しているのは、CimaVaxがもつ予防介入手段としての可能性を探ること、つまり従来の意味でのワクチンにより近いものにすることだという。

さらにEGFは、前立腺がんや乳がん、結腸がん、すい臓がんなど、ほかの多くのがんにも深く関与している。「これらすべてのがんが、このワクチンの標的になる可能性があります」とRPCIの免疫学者、ケルヴィン・リー教授は語る。キューバでは、おおむね財政上の理由から、CimaVaxのテストがこのように標的の範囲を広げて行われることはなかった。

一方、ニューヨークにあるファインスタイン医学研究所の生物学者、トーマス・ロススタイン博士は7年前からCMIと共同で、まったく異なったメカニズムを持つ肺がん治療ワクチン「Racotumomab」の開発に取り組んできた(Racotumomabは、腫瘍細胞膜に見られる特定の脂質に干渉する)。

「世界中の治験責任医師たちが、がんの強固な防御を突破しようとしています」とロススタイン博士は語る。「キューバの研究者たちの思考法は、斬新で賢明です」

RPCIのジョンソン所長は今後、キューバには科学の分野において起業家精神を積極的に受け入れるようになることを、米国には医療研究に対してより独創的なアプローチを取り入れるようになることを願っている。政治の制約を受けてきたキューバの研究者たちは、米国や欧州にはない新しい方法を生み出さなければならなかった。そんな彼らが学んできたことを他国の同僚たちに教えられる日が、すぐそこまで来ているようだ。