虫歯を放置するとどうなる?虫歯になりやすい人、なりにくい人はいるの?

写真拡大

執筆者:井上 愛子(保健師)
監修医:石川 毅(アイデンタルオフィス恵比寿 院長)


虫歯の原因はプラーク(歯垢)です。プラークコントロールを十分にすることで、つまり、歯磨きをしっかりとすることで、虫歯を防ぐことが可能になります。虫歯になりやすい人とそうでない人の違いは、歯磨きがしっかりとできているかどうかにかかっています。

虫歯を放置すると、最悪、死に至ることもあります。
ではなぜそうなるのか、その原因からみていきます。

虫歯を放っておくと…


虫歯を放置すると痛みが強くなるだけでなく、死に至る可能性もあります。
というのも、虫歯の原因となる虫歯菌(ミュータンス菌)は、糖分をエサにして酸を作り出します。この酸によって歯が溶け、進行すると歯に穴が開きます。それが歯の神経(歯髄)に到達すると痛みを感じるようになります。

さらに進行すると、神経が死んでしまい、これを取り除かないでいると次第に腐敗し、細菌や膿を産み出し、顎の骨の中にまで広がっていきます。

すると、骨の中の血管をとおして、血流にのり、顎の骨の中に侵入した細菌・膿は全身にばら撒かれ、肺炎や脳梗塞、心筋梗塞を引き起こすなど、死や重篤な後遺症が残ってしまうこともあるのです。

虫歯の原因になるプラーク(歯垢)


プラークは歯の表面に付着する黄白色の粘着性の物質です。プラークには1ミリグラムの中に10億個のミュータンス菌が住みついているといわれ、虫歯や歯周病を引き起こします。

プラークを取り除かないと、歯垢は硬くなり、歯石に変化し、歯の表面に強固に付着します。こうなるとブラッシングだけでは取り除くことができません。そして、歯石の中や周りにさらに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

虫歯を防ぐには「プラークコントロール」


一般には、唾液の量が少なかったり、歯並びやかみ合わせが悪いと虫歯になると言われますが、それよりも、プラークをしっかりと除去するプラークコントロールができているかどうかが、虫歯になりやすいか、なりにくいかを左右しています。
たとえば部屋の掃除をするとき、汚れている部分をしっかりと見ながら掃除機をかけたりしますね。
それと全く同じように、歯磨きも、どこにプラークがついているか確かめながら歯みがきできているでしょうか?テレビを観ながらとか、本を読みながらとか、どこか上の空で歯磨きをしている人は意外にも少なくありません。これではプラークは確実に落ちないのです。あなたはしっかりと歯磨きをしていますか?

しっかり歯磨きをおこない、定期健診を


ほんとうは、鏡などを使って汚れている部分を直接見ながら、また、歯ブラシの毛先がどこを磨いているかを確認しながら、歯磨きをしていただきたいのです。キシリトールや洗口剤などは、このような歯磨きを実践しプラークが少なくなった後で使用すると効果的です。さらに、定期検診で普段の歯みがきでは難しい細かい汚れをリフレッシュできると、より虫歯になりにくくなります。
考えてもみてください。ミュータンス菌は生き物です。それが多量に集まって容赦なく悪さをしているのがプラークです。
どんなにケアをしっかりとしても、完璧に除去することは不可能です。だからこそ、しっかりと歯磨きができなければ、虫歯になってしまうというのが実態です。

例外的に、かぶせ物や詰め物の下に虫歯が残っていることがあります。これは歯みがきではどうにもならない部分です。歯科医に診てもらうしかありません。どんな治療をされてきたかで、歯の寿命は変わってしまうのです。


いかがでしたでしょうか。
キレイな歯は虫歯を防ぐだけでなく、人へ良い印象を与える要素でもあります。
大切な歯をしっかりケアしましょう。