会話が苦手でも安心  非言語コミュニケーション とは

写真拡大

執筆:Mocosuku編集部

仕事や就職活動、合コン、どんなシチュエーションにおいても、フォーカスされるコミュニケーション能力は「おしゃべり」することばかり。

誰もが話すことを得意としているわけではありませんし、性格が大人しい人、口下手な人、内向的な人達もたくさんいます。
その人たちをコミュニケーション能力が低い、と判断してしまうのは酷な話です。

巷では、口下手な人向けの「しゃべらない会話術」や「聞く側のコミュニケーション」について書かれた本が出版されているのをご存知ですか?

「しゃべらない会話術」や「聞く側のコミュニケーション」とは、具体的にどのようなものなかを見ていきます。

「言語コミュニケーション」と「非言語コミュニケーション」


「第一印象で9割決まる」や「一目ぼれ」という言葉があるように、おしゃべりをする前に持たれる印象というものがあります。

これは、「非言語コミュニケーション」にあたるものです。
コミュニケーションには、「言語コミュニケーション」と「非言語コミュニケーション」の2パターンがあり、「言葉」を介さないものを「非言語コミュニケーション」と言います。

非言語コミュニケーション


<視覚情報> 表情、姿勢、視線、感情、ジェスチャー、服装、髪型など
<聴覚情報> 声質・トーン、テンポなど

言語コミュニケーション


<言語情報> 会話、文字、文章、印刷物など

例えば、普段の口数が少ない人でも、
「挨拶」を元気よく大きな声でされるだけで好印象を受けませんか?

これは「非言語コミュニケーション」がうまく作用しているからだと言えます。
笑顔、元気な挨拶、ハキハキした返事など、おしゃべりが少なくても、これだけで十分良い印象を持たれるのです。

かつての日本は現代と反対で、積極的に話しをしない女性を「奥ゆかしい」、じっと黙っている男性を「威厳ある、硬派」と言い、好印象に捉えられていました。
ペラペラ話さないことの方が魅力とされていたことも、理に適っていると言えます。

 相手にしゃべらせる「しゃべらない技術」


現代では、コミュニケーション能力の高い人=社会適応能力が高いと評価されていますが、そもそも聞く人がいないとコミュニケーションは成り立ちません。
話すのが得意でなければ聞く側に徹すればよいのです。

聞く側は何をすれば良いかというと、ひとつの例としては、話の中から、「なぜ?」を見つけて質問をすることです。

「なぜ、それが好きなの?」「なぜ、そこに行ったの?」「なぜ、それを買ったの?」といった要領です。

話す側は、自分に興味を持ってくれたと感じて、喜んで話し始めます。そうすれば、相槌を入れて聞いているだけで良いので、会話は途切れず、しゃべらなきゃというプレッシャーがなくなりますね。

会話術の本を読んでみたけど、難しいと思っている人は、時代の流れに乗っかって苦手なことをするより、しゃべらない技術や、聞く側のコミュニケーションの本を手にしてみてはいかがでしょうか。

参考:
『“コミュ障”でも“口下手”でも大丈夫!“しゃべらないコミュニケーション”』(新刊JP)
http://www.sinkan.jp/news/index_5510.html
『「しゃべらない」技術〜困った・苦手がスーッと消える「超」しゃべる技術〜』(麻生けんたろう著)