中国では近年、日本を訪れる人が増えているためか、ネット上では日本と中国を比較する記事が多く目につくようになった。こうした比較の内容で特に多いのは、日本は「何でも細部までこだわっている」といった内容の記事だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では近年、日本を訪れる人が増えているためか、ネット上では日本と中国を比較する記事が多く目につくようになった。こうした比較の内容で特に多いのは、日本は「何でも細部までこだわっている」といった内容の記事だ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は国土の面積で言えば小国であるとしながらも、細部へのこだわりという点で言えば間違いなく大国であると主張する記事を掲載し、中国人から見た「日本の細部へのこだわり」について論じた。

 記事は、「日本の細部へのこだわり」の事例について複数挙げているが、そのうちの1つが日本料理だ。日本料理は生ものも多いため衛生管理が重要となることを指摘しつつ、食材選びから素材の味、さらには盛りつけ、栄養バランスなど、さまざまな点が考慮された料理であると称賛。こうしたこだわりはほかの国の料理を「大きく引き離すほど」と称賛した。

 さらに、日本における時間を守る文化についても「細部へのこだわり」であると主張。中国人にとって「時間」はさほど細かく管理するものでないのかもしれないが、記事は「日本では時間は守るべきものだ」と指摘。人口密度の高い東京ですら、公共交通機関は時間に正確に運行されていると指摘し、日本人にとって約束の時間に前もって到着していることは礼儀であり、相手への尊重を示す行為であるとし、時間に対する概念も「日本人の細部へのこだわりである」と論じた。

 その他にも記事は、日本式のサービスやトイレも非常に細部までこだわって考えられていると称賛している。日本のこうした「細部へのこだわり」は、突き詰めて考えれば相手への配慮があってこそと言えるだろう。製品であれば使用する人のニーズを考慮した設計となっているほか、時間を守るということも相手を待たせないという配慮があるからではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)