画像は「プレミアムバンダイ」HGクラピカ公式ページのスクリーンショット

写真拡大

4月からの連載再開で注目を集めている大人気漫画『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)から、復讐に生きるクラピカを立体化。眼の色が緋色に変化するギミックを搭載した「HGクラピカ」が登場。

【『ハンター』クラピカの眼が緋色に発光する世界初フィギュアの画像・動画をすべて見る】

3月31日(木)11時から、バンダイの公式通販サイト「プレミアムバンダイ」にて予約受付が開始された。

価格は、クラピカの誕生日が4月4日であることにちなんで4,444円(税込)。発送は7月を予定している。

クラピカ「緋の眼」発動を世界で初めて忠実に再現


「HGクラピカ」1


『HUNTER×HUNTER』は、冨樫義博さんが『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画。たびたび長期休載を挟むことで知られているが、それでもなお圧倒的支持を集め、4月18日(月)発売号でおよそ1年8ヶ月ぶりの連載再開という報に、その話題が再燃している最中だ。

その『HUNTER×HUNTER』から、かつて一族を壊滅に追いやった幻影旅団を追うため、マフィアに属し若頭にまで上りつめたクラピカが登場。

「HGクラピカ」2

画像は「プレミアムバンダイ」HGクラピカ公式ページのスクリーンショット


彩色や造形にもこだわり抜いており、手首は、自身の念能力と連動した特徴的な鎖も再現できる換装パーツも同梱されている。

そして、最も特徴的なのが、眼が発光するギミックだ。一族が狙われる原因となった、感情が高ぶると眼の色が緋色に変化するというクルタ族特有の体質を、世界で初めてフィギュアとして忠実に再現した。

台座のスイッチを入れると、眼が緋色に光り、「緋の眼」状態の時にだけ使用できる「絶対時間(エンペラータイム)」が発動するッ!

原型師は逆に困惑気味


「HGクラピカ」3

画像は「プレミアムバンダイ」HGクラピカ公式ページのスクリーンショット


圧倒的クオリティでファンを唸らせる再現度を実現しているこの「HGクラピカ」。

多くの『HUNTER×HUNTER』読者も喜びに沸いているが、このシリーズはこれまで、自身を強制的に成長させた主人公・ゴンさんや、股間部がギンギンに光るヒソカといった独創的なフィギュアで知られているため、逆にファンをはじめ、同シリーズで無茶ぶりに応え続けてきた原型師も困惑気味のようだ。


今回クラピカのお話をいただいた際は、ポーズとシーンの普通さに驚きました。いや本来普通でいいんですけど。ちょっと自分でも何を言ってるのかわからなくなってきました。

原型師コメント(一部抜粋)


(C) POT(冨樫義博)1998年-2011年
(C) VAP・日本テレビ・マッドハウス