初の機能性表示チョコ「LIBERA」

写真拡大

江崎グリコは2016年3月19日に脂肪と糖の吸収を抑えるチョコ「LIBERA(リベラ)」を発売した。チョコレートとして初の機能性表示食品だ。

発売にあたり、ダイエットに悩む新人モデルとダイエットとは無縁の新人力士の恋物語を描いたWEBムービー「カレシはリキシ」を公開した。「大好きなチョコレートを食べたいけど健康・美容のことを考えるとちょっと罪悪感が...」そんな悩みを抱える人にリベラをぜひ!というメッセージがつまった心温まるエピソードだ。

「恋の春場所に千秋楽はナシ」

リベラは使用する砂糖の一部を、脂肪と糖の吸収を抑える働きがある消化酵素「難消化性デキストリン」に置き換えることでおいしさと健康を両立した。

WEB ムービー「カレシはリキシ」は、モデルのミホと駆け出し力士のゆたかが甘酸っぱい恋物語を繰り広げるというもの。ミホとゆたかの出会いに始まり、二人が順調に愛を育む中、オーディションに向けたダイエットのため甘い食べ物を我慢するミホに、ゆたかがリベラを紹介してくれるという流れだ。

展開は極めて普通のラブストーリーだが、主人公が「モデルと力士」のカップルで、全編に妙なアンバランス感が漂う。「チョコでありながら健康的」というリベラの逆説的な特徴を表現するために、敢えて不釣り合いにも見える設定をしたのだろうか。

「恋の春場所に千秋楽はナシ!?」という渋すぎる文句や、バックミュージックで流れるミホの上手くも下手でもない絶妙な歌唱力(駆け出しアイドル感が妙にリアル)、公園デートで二人が相撲を取るシーン(ミホが猫だましで勝利する)など、色々とツッコミどころ満載でありながら、見終わる頃にはリベラの機能をしっかり理解できるという不思議なムービーになっている。