30日、中国では近年信号無視の取り締まりを強化し改善がみられているが、依然として横断歩道で危険な行為がたびたび目撃されている。このほど福建省で道路を渡ろうとした女性が警官に注意され、怒りを爆発させた動画が注目を集めた。

写真拡大

2016年3月30日、中国では近年信号無視の取り締まりを強化し改善がみられているが、依然として横断歩道で危険な行為がたびたび目撃されている。このほど福建省で道路を渡ろうとした女性が警官に注意され、怒りを爆発させた動画が注目を集め、女性に対する批判の声が多く寄せられた。観察者網が伝えた。

横断歩道の両端で歩行者が信号待ちをする中、横断歩道に大きくはみ出し待つ女性が現れた。車を避け後退する場面もあり、決して安全ではない状況がうかがえる。女性に気がついた私服警官が注意しても聞く耳を持たなかったため、警官は女性の腕を引っ張り後退させた。すると女性は、「手を出すってどういうこと?」「私が適当に呼び出した人でもあなたを土下座させられる!」と携帯電話を取り出し連絡するそぶりを見せた。

女性はその後、警察署で監視カメラの映像を見せつけられ黙り込み、警察の処分を受け入れると反省。そして、「同じ行為をした場合はさらに厳しい処罰も受け入れる」と書かれた誓約書にサインし警察署を後にした。(翻訳・編集/内山)