30日、網易体育によると、サッカーの中国代表が15年ぶりにワールドカップのアジア最終予選に進出したことに、韓国のネットユーザーから皮肉交じりのコメントが多数寄せられている。資料写真。

写真拡大

2016年3月30日、網易体育によると、サッカーの中国代表が15年ぶりにワールドカップ(W杯)のアジア最終予選に進出したことに、韓国のネットユーザーから皮肉交じりのコメントが多数寄せられている。

29日に行われたワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア2次予選最終戦で、中国はカタールに2−0で勝利。最終予選に進出できる各組2位のうちの上位4チームに入り、2002年日韓大会以来となる、最終予選進出を決めた。

これについて、韓国のネット上では最終予選進出が確実視されていた北朝鮮が、最後の数分間でフィリピンに逆転を喫したことについて、「北朝鮮のパフォーマンスはあやしい。中国との間で負けたらコメを供給することで合意していたんだろう」といったコメントが寄せられた。また、ホームで香港にも勝てなかった中国が、カタールを破ったことが信じられず、「裏金を渡したのでは?」と疑う声もあがったという。

12カ国で争われる最終予選については、「韓国の選手がけがをさせられるから中国との対戦は避けたい」といった声のほか、「中国が残っていること自体が奇跡。たとえ本大会に出場できたとしても、韓国や日本、豪州を上回るのは不可能」といった上から目線のコメントが見られたという。(翻訳・編集/北田)