人類が目撃していたかもしれない「ユニコーン」

写真拡大

ユニコーンの正体とも言われる先史時代のサイ「エラスモテリウム」は、これまで約35万年前に絶滅したと考えられていたが、このほどシベリアでは約2万9,000年前まで生存していた可能性があるという研究結果が発表された。

「人類が目撃していたかもしれない「ユニコーン」」の写真・リンク付きの記事はこちら

先史時代には、伝説の生き物ユニコーン(一角獣)の正体ともいわれる「体毛に覆われたサイ」が生きていた。エラスモテリウムと呼ばれるこのサイは、これまでは人類が登場する前に絶滅していたと考えられていたが、人類と同時期に存在していた可能性があるという研究結果がこのほど発表された。

エラスモテリウムは、大きな歯をもつ全長5m、全高約2mのサイで、神話に登場するユニコーンとはまったく違う雰囲気だが、巨大な1本角が生えていたとされている。

さらに、過去にはサイとユニコーンを混同した例も実際にある。マルコ・ポーロの旅行記に出てくる「ユニコーン」は、ほぼ間違いなくジャワサイ(角長25cmの1本角をもつ)とされるのだ。

エラスモテリウムは最近まで、約35万年前に絶滅したと考えられていたため、人間の記憶に刻まれ、口承されるのは不可能とされていた。ところが、実際には約2万9,000年前までカザフスタンに生息していたという研究結果が発表された。つまり、現生人類と同時期に存在していたということだ。

ロシアにあるトムスク大学の研究チームは、『American Journal of Applied Sciences』に発表した論文(PDF)の中で、最大の重さが4トン超と推定されるエラスモテリウムの化石について詳述している。

エラスモテリウムはかつてユーラシア大陸に広域に生息していたが、研究に参加した古生物学者のアンドレイ・シュパンスキーは、「西シベリアの南部で暮らしていたエラスモテリウムはおそらく、ほかの場所にいたエラスモテリウムより長く存続したと思われます」と説明している。また、2013年には、シベリアで発見された1万年前のマンモス残骸から「液体の血液」が採取できた(日本語版記事)と報道されている。

1本の力強い角をもつ神秘的なユニコーンのモチーフとしては、オリックス(ウシ科の偶蹄類)やイッカク(北極圏に住むクジラ目)などいくつかの動物が挙げられている。中世には、イッカクの牙が、ユニコーンのものとして取引されていた

古代ギリシャでは、ユニコーンはインドにいると伝えられていた。しかし、インダス文明の石板に描かれている「ユニコーン」は、2本の角をもつ大型の牛・オーロックスだと示唆する研究結果が発表されている。この研究論文によれば、石板の動物はすべて横から見た姿のため、本当は2本ある角の1本だけが描かれた可能性があるという。

時折、角や枝角を持つ動物の突然変異体が「ユニコーン」として発表されている。たとえば、2008年にイタリアで発見された「ユニコーン鹿」は結局、突然変異または「生後まもなく何らかの外傷を負った結果」と判明している。