ニキビや毛穴が消えもっちり肌に…いま昔ながらの牛乳石鹸が再ブーム!

写真拡大

 まだまだお肌の乾燥の気になる季節。心の弾む春に向けて、お肌のコンディションもばっちり整えたいですよね。そんな人にぜひ試してほしいのが「牛乳洗顔」。イ・ヨンエやチョ・ヨジョン、ソン・ヘギョといった韓国女優たちも実践しているのがこの洗顔方法なんです。

 やり方はカンタン。洗面器の中に36〜37℃のお湯と常温の牛乳を1:1の割合で入れ、これで顔を洗うだけ。最後はぬるま湯で洗い流して洗顔終了。

 また、ぬるめに温めた牛乳をコットンに含ませて肌に塗り、最後にぬるま湯で流す方法でもOK。

 この洗顔をすることで、牛乳に含まれるカゼインなどが古い角質や汚れを取り除き、またカルシウムが肌の乾燥を防いでくれるのだそう。

 また、粘膜を保護して肌荒れを防ぐビタミンAや、細胞を修復するはたらきのあるビタミンBなども牛乳には豊富。くすみを取り除いて、もっちりとして透明感のあるお肌をつくるのに、牛乳はもってこいなんです。

 また、現在再ブームが訪れているのが「牛乳石鹸」。昭和から存在するおなじみの石鹸ですが、今、ネット上で「牛乳石鹸に替えたら10年悩んでいた背中のニキビが消えた」「肌が弱かったのが、先日医者に勧められて牛乳石鹸を使い始めたら、洗顔後のつっぱり皆無、かぶれやヒリヒリもなし」「牛乳石鹸のおかげで毛穴が消えた」と、その美肌効果が話題になっているのです。

 ちなみに牛乳石鹸には赤箱と青箱が存在。どちらも新鮮な牛乳からつくられたミルクバターが使われており、これが美肌効果のヒミツのようですが、関東圏では青箱の販売が主流だそう。

 赤箱はしっとりタイプでローズの香り、青箱はさっぱりタイプでジャスミンの香り。乾燥が気になる人は、スクワランという保湿成分が加えられた赤箱がオススメなんだとか。どちらも100円程度でコスパも◎ということで、女子たちからも好評を集めているそうです。

 みずみずしいお肌で新しい春を迎えたい皆さん、ぜひ牛乳パワーを洗顔に取り入れてみてください。