28日、韓国紙・朝鮮日報は、海外に出かける中国人観光客が大幅に増加しているものの、その目的地には韓国ではなく日本やタイが選ばれていると報じた。資料写真。

写真拡大

2016年3月28日、韓国紙・朝鮮日報は、海外に出かける中国人観光客が大幅に増加しているものの、その目的地には韓国ではなく日本やタイが選ばれていると指摘した。環球網が伝えた。

【その他の写真】

世界的な不景気の中、観光業に光が差している。経済協力開発機構(OECD)の予測では、2016年の世界経済の成長率はわずか3%にとどまるとみられているが、世界最大の旅行見本市「国際ツーリズム・マーケット展(ITB)の予測では、旅行市場の成長率は4.4%に達する見込みだ。

中でも期待がかかるのが中国人観光客だ。2005年は3000万人だったのが、2010年には5700万人、2015年には1億2000万人と、大幅に増加している。しかし、昨年、韓国を訪れた中国人観光客は落ち込んだ。1995年以降、中国人客が前年比で減少するのは初めてのことだった。原因としては、MERS(中東呼吸器症候群)の影響や、円安を追い風に日本が中国人観光客誘致に成功したこと、韓国国内の受け入れ態勢の問題などが指摘されている。一方で、日本やタイは中国人観光客獲得に成功した。

こうした状況を中国のネットユーザーはどう見ているのか。「日本に行くのは歴史を忘れた者たちだ!」など、反日的なコメントがある一方で、韓国から遠ざかる理由について「韓国人に数々のひどい扱いを受けていながら、まだ韓国に行く人がいるとは」「ここ最近、韓国企業が中国人観光客を陥れる事件があり過ぎる」というコメントが見られる。これは最近、韓国の店が中国人観光客を相手にぼったくりをしたり、ある飲食店が2013年製のカニを中国人観光客に提供したりといった事例が数多く報告されていることから出たものだ。

そうした背景から、コメントの中には日本と韓国を比較するものも散見され、中には「韓国には偽物が多過ぎる。ポイントは、日本には偽物がないということ」「どこに行ってもいいが、韓国だけは駄目だ。韓国人は一番質の悪い製品を中国人に売りつける上、わざわざ中国人用に低品質の化粧品を生産したり、賞味期限の切れた食品を提供したりする。日本は少なくとも、最高級の製品とサービスを提供してくれる」というものもある。

また中国では、国内で金を落とさず、海外旅行に出かける中国人を批判する声も少なからずあるのだが、これについては「海外旅行に行く中国人を悪く言えない。中国の観光地では、店もガイドも自国民相手にぼったくりばかり。どこに行っても人は多いしさ」といった意見も見られた。(翻訳・編集/北田)