写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットギアジャパンは3月30日、ホーム・ネットワークやSOHOなど小規模オフィス向けのレイヤー2(L2)スイッチ製品として、「GS305」「GS308」「GS308P」を、4月13日から販売開始すると発表した。価格は5,200円(税別)から。

新製品は、宅内やSOHOなど小規模ネットワークで利用可能なレイヤー2LANスイッチ製品。 それぞれ1000BASE-T(ギガビット・イーサネット)のLANポートを5個/8個/8個(うち4ポートは802.3af PoE給電対応)を装備しており、全てのポートで同時に双方向通信を行ってもパフォーマンスに影響が出ないノンブロッキング・アーキテクチャを採用したという。また、放熱性能の高い金属筐体により、高い信頼性を実現したとしている。

LANポートは全てAuto MDI/MID-X機能に対応しており、LANケーブルの種別(クロス/ストレート)を意識することなく接続可能とのこと。

同社は新製品と同じポート数の企業向けLANスイッチを無期限の保証(ライフタイム保証)を標準添付して販売しているが、新製品は3年保証としたことで、企業向け製品より安価に購入できるという。

新製品の仕様と価格は以下の通り。

(山本善之介)