画像

写真拡大

 ネットイヤーグループと、Veeva Japanは、製薬業界におけるオムニチャネル推進強化を目的として、業務提携を開始した。

 ネットイヤーグループと、Veeva Japanは、製薬業界におけるオムニチャネル推進強化を目的として、業務提携を開始した。Veeva Japanは、製薬業界向けクラウド型CRMソリューションを提供する米Veeva Systemsの日本法人であり、提供するVeeva CRMは全世界で400社以上のライフサイエンス企業に採用されている。またVeeva CRMは、セールスフォース・ドットコムのForce.com上に構築されている。

 一方、ネットイヤーグループはSalesforce Marketing Cloudのソリューションパートナーとしての知見とユーザーエクスペリエンスデザインのノウハウを有している。今回の提携により、Veeva CRMを始めとした基幹システムに格納されているデータを活用することで、より効率的なメール配信やMRへ提供する情報の質の向上、LINE等の新しいチャネルの活用など、複数チャネルを統合したオムニチャネルプラットフォームの構築と運営サービスを提供していく。

MarkeZine編集部[著]