ギズモード・ジャパンより転載:NTTとしては、お値打ち価格な気も。

日本のNTTデータが、30億ドル(約3400億円)で、アメリカのPCメーカーDellのIT部門を買収すると発表しました。

今回買収の対象となっているDell Servicesは、元アメリカ大統領候補のロス・ペロー氏が創業し、Dellが2009年に39億ドル(当時約3500億円)で買収したPerot Systemsが元となっています。

Dellは去年、クラウドサービスやストレージの専門企業、EMCを67億ドル(当時約7900億円)という巨額で買収しましたが、その返済のため、手持ちの事業を何かしら手放すのではないかと見られていました。

そんな折、日本以外にもビジネスを拡大したいNTTデータとの目論見と合致したといったところでしょうか。

IT事業については、今後はおそらくEMCのクラウドサービスに特化すると思われるDellと、アメリカ進出の大きな足がかりを得たNTTデータ。はたして、ウィン・ウィンの買収劇となるでしょうか。


ギズモード・ジャパンの注目記事:
・"農"ある鷹は爪を隠す? ヤンマーが作る船を見に行ったよ : ギズモード・ジャパン
・プロトタイプを「変態」させ、アメリカに挑戦するHACKistのクリエイティブの作り方
・窮屈から開放! 2016年は「10センチ賢者」の指南で快適な仕事場作りに挑戦


source: Reuters

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文]
(渡邊徹則)
Photo by shutterstock.