グロッソ率いるユーベがトルネオ・ディ・ヴィアレッジョ制覇! ミランに並ぶ最多9度目

写真拡大

▽イタリアのプリマヴェーラが主に参加するトルネオ・ディ・ヴィアレッジョの決勝が30日に行われ、ユベントスがパレルモを3-2で下して優勝を果たした。

▽イタリア・トスカーナ州のヴィアレッジョで毎年この時期に開催されているイタリア若手の登竜門ともいえる大会。元イタリア代表DFのファビオ・グロッソ監督が率いるユベントスは、大会最多となる9度目の優勝を目指して決勝に臨んだ。一方のパレルモは、今季にトップチームも指揮したジョバンニ・ボージ監督の下、大会初制覇を狙った。

▽試合は15分、右サイドからのボールを受けたFWカスタノスがドリブルで相手DFをかわしてシュートを流し込み、ユベントスが先制する。しかし28分、FWラ・グミナのゴールでパレルモが追いついた。

▽同点にされたユベントスだったが、33分にPKを獲得。これを昨夏にテベスとの入れ替わりでボカ・ジュニアーズから加入したFWバダラが沈め、勝ち越しに成功した。しかし、この直後の35分にはパレルモにPKが与えられ、ラ・グミナが決めて再び追いついた。

▽2-2で迎えた後半、拮抗した展開が続くも、81分にPKを獲得したFWディ・マッシモが自ら沈め、ユベントスが再度勝ち越した。結局、試合はこのまま終了。ユベントスがミランに並ぶ最多9度目の大会制覇を飾った。なお、大会最優秀選手となるゴールデン・ボーイには、パレルモのラ・グミナが選ばれている。