約8割がエリア初登場!新宿駅に女性のための新商業施設「ニュウマン」が誕生

写真拡大

新しい持代を生きる女性が、新しい経験と価値に出会う場所でありたい…そんな思いから「new(新しい)」と「woman(女性)」を元に名付けられた商業施設が、この春、新宿に誕生。初日オープン前には600人が並んだという注目施設をチェック。

新宿駅ミライナタワー改札に直結する商業施設「NEWoMan(ニュウマン)」は、2016年の3月25日(金)に、新宿駅に隣接する「JR新宿ミライナタワー」内の6フロア、そして4月15日(金)には新南エリア駅構内に「エキナカ」「エキソト」をオープン。

「約100店のうち、8割が初上陸店や新業態の店舗なので、ご注目ください」と広報担当者さん。
例えば、コスメティックブランド「CHANEL(シャネル)」は、ファッションゾーンの2階に新スタイルのビューティバーを出店。ここでは、同ブランドのアイテムを自由に体験できるうえ、短時間でビューティをチャージできるようなサービスも。1階に登場する、“夢の国のデリカテッセン”をコンセプトにした新ブランド「サボン・グルメ」なども、一度は立ち寄りたいところ。

また、ファッションブランドでは、パリのリアルクローズを発信する「ISABEL MARANT ETOILE(イザベル マラン エトワール)」や、NYからの逆輸入となる「H.P.F,98 CHRISTOPHER(エイチ・ピー・エフ 98 クリストファー)」、セレクトショップ「STUDIOUS(ステュディオス)」の新ライン「STUDIOUS CITY(ステュディオス シティ)」など、働く女性に向けたモードなアイテムが揃う新店がラインナップ。中には、新宿に既存店があっても、商品はNEWoManだけの品揃えというお店も。


新南口改札に面した「エキソト」と「エキナカ」には、42軒のカフェ&レストランがラインナップ。日本初上陸店も揃うというから、グルメな女子は注目を。例えば、シンガポール生まれのデザートバー「JANICE WONG(ジャニス・ウォン)」では、アジアNo.1パティシエを受賞したという話題の店。その芸術的なデザートは、眺めているだけで心奪われてしまうはず。

また、LA発の「VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴ コーヒーロースターズ)」、約40種類のトッピングを選んでカスタマイズできる西海岸の専門店「800° DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA(800° ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア)」など、米国生まれの人気店も見逃せない。


さらに「エキナカ」には、日本の“ものづくり”や“食”のすばらしさを伝えるショップも登場する。“産地支援”や“地域共生”をテーマにした「ココルミネ ストア」は、日本各地のから集めた逸品やオリジナル雑貨が並ぶ注目店。

写真は、青森県青森市の北洋硝子株式会社の「グラス」。このほかに、岩手県奥州市の南部鉄器や富山県高岡市の銅製の食器など、伝統をモダンにアレンジした雑貨を販売する。こちらも22時までの営業だから、急なギフトを手配したいときにも便利。


加えて施設内には、全国の病院の処方箋を受け付ける薬局や人間ドックもできる病院、認可保育園、文化交流のためのイベントホールや貸し菜園で野菜が作れる屋上庭園なども設けているというから、さまざまなニーズに応えてくれそう。

中でも、5階に誕生するイベントホール「LUMINE 0(ルミネ ゼロ)」は、入場無料の展覧会を鑑賞できるから、アートな女子におすすめ。例えば、オープン日から4月6日(水)までの期間には、フランス語圏で活躍するアートな海外コミック「バンド・デシネ」の作家、エンキ ビラル氏の作品を展示する「OUTBOX(アウトボックス) エンキ ビラル展」を開催。

「CHANEL NEXUS HALL(シャネル・ネクサス・ホール)」とのコラボレーション企画で、幻想的な作風のエンキ ビラル氏の作品はで世界的にも人気が高いというから、この機会に覗いてみて。

大人の女性が満足できる新店がいっぱいの「NEWoMan」で、最旬のアイテムやグルメを楽しんで。