30日、タイの民主党がプラユット政府に対し、中タイ鉄道計画の見直しを求めている。写真はバンコク。

写真拡大

2016年3月30日、タイ紙ネーションによると、タイの民主党はプラユット政府に対し、中タイ鉄道計画の見直しを求めた。京華時報が伝えた。

中国とタイを結ぶ「中タイ鉄道」は中国が主導するパン・アジア鉄道計画(中国雲南省〜シンガポール)の一部となるもので、総延長は約900キロ。10年弱の交渉を経て昨年12月にようやく着工式にこぎつけた。当初の計画では今年5月に投資形式、建設コスト、融資の利率について最終決定した後、正式に工事が始まる予定だったが、タイ政府は25日に中国側に融資を求めない方針を発表。タイが全額出資するとし、建設区間はバンコクからナコーンラーチャシーマーまでの約250キロ区間のみとした。

これに対し、民主党党首で元首相のアピシット氏はプラユット首相に宛てた書簡で「建設区間を3分の2以上短縮した上、ラオスとの国境に当たる北部の区間が置き去りにされた」と経済価値の縮小を指摘。同氏は首相を務めた2009年当時にこの事業をめぐって中国と交渉をしており、鉄道の最北端を国境の街ノーンカーイに決めた理由はラオス経由で中国と結ぶためだと主張した。(翻訳・編集/野谷)