30日、台湾の鴻海精密工業は取締役会を開き、シャープ買収を決議した。資料写真。

写真拡大

2016年3月30日、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は取締役会を開き、シャープ買収を決議した。中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

鴻海がシャープの第三者割当増資3888億円を引き受け、議決権の約66%を握る筆頭株主になる。シャープの業績悪化、今後負債になる可能性がある偶発債務を受け、出資を当初予定の4890億円から1000億円減らした。シャープも臨時取締役会を開き、出資の減額を受け入れた。鴻海の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長(会長)とシャープの高橋興三社長は4月2日に大阪で記者会見する。

シャープの今年度の最終損失は2000億円程度になるとみられ、依然として経営は困難な状況にある。高橋社長は鴻海との一連の交渉が終了後に辞任。シャープの経営陣も一新される見通しだ。(翻訳・編集/大宮)