堺市で96年に起きたO157の集団食中毒 後遺症で女性が死亡

ざっくり言うと

  • 堺市で1996年、児童ら9000人以上が感染したO157による集団食中毒
  • 市は30日、当時罹患した25歳の女性が2015年10月に死亡したと発表した
  • 後遺症の腎性高血圧を原因とした脳出血で死亡したとされる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング