安川電機の中部支店を訪問した林佳龍台中市長(左3)

写真拡大

(名古屋 30日 中央社)産業用ロボット大手の安川電機(本社:福岡県北九州市)は30日、来年にも台中市にサービスセンターを設置する考えを示した。この日同社の中部支店(愛知県みよし市)を視察した林佳龍台中市長は協力を約束。地元産業の発展に期待を示した。

安川はすでに台湾に進出。新北市に現地法人の本部があり、南部の台南にもサービスセンターを開設している。中部にも拠点を設けることで、サービスの強化が図られる見通し。林市長らは、運営状況や将来展望などについて説明を受けたほか、各種ロボットを見学するなどした。

(カク雪卿/編集:齊藤啓介)