29日、中国メディアが報じたテレビドラマの出演ギャラ調査では、女優ジョウ・シュンが9500万元(約16億5000万円)で1位となっている。写真はジョウ・シュン。

写真拡大

2016年3月29日、中国メディアが報じたテレビドラマの出演ギャラ調査では、女優ジョウ・シュン(周迅)が9500万元(約16億5000万円)で1位となっている。網易が伝えた。

【その他の写真】

中国では近年、人気タレントの高騰し続ける出演料がたびたび話題に。14年には1本のドラマ作品を二つの衛星放送局だけに放送させる「一劇両星」制度が施行されたが、それでもギャラの金額は上昇し続けている。

このほど中国メディアが報じたドラマ出演料調査では、時代劇「如懿伝」に出演する女優ジョウ・シュン(周迅)が9500万元(約16億5000万円)で1位に。演技派女優として人気のジョウ・シュンは14年、12年ぶりのドラマ復帰作となった「紅高粱(紅いコーリャン)」に主演した。この時、1本3000万(約5億2000万円)と超破格の高額ギャラが話題になったが、現在はその3倍の値段になっている。

女優部門で2位はアンジェラベイビー(楊穎)。最新作の時代劇ドラマ「孤芳不自賞」の出演料は8000万元(約14億円)とされている。

3位は、日本でも話題になった「宮廷の諍(いさか)い女」のスン・リー(孫儷)。この作品でギャラが高騰したことで、最新作の出演料は6000万元(約10億4000万円)となっている。(翻訳・編集/Mathilda)